フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

簡潔な事例で経営を見直そう!

 強い組織や優秀な人材を作るにも、単純な施策や魔法のような方策が見当たらない時代です。かつて期待された《秘策》や《ノウハウ》は、その多くが満足を与えてはくれませんでした。やはり、コツコツと基本に忠実に経営努力を続けるべきなのでしょうか。
 もちろん、そうだと思いますが、努力を継続するにも《効果的な方法》があると思います。その方法とは《事例研究》です。
 複雑で多様になった昨今、難しい問題は一言や二言の格言で解決することはできません。しかし、様々な教訓を多面的に含む《事例》なら、問題解決につながるヒントを見出しやすいはずなのです。
しかもその事例研究が《毎月継続》できるものなら、その強化は徐々に大きくなるでしょう。そんな思いを込めて、私どもでは経営事例研究レポートを、月例でお届けしています。ご希望の方は、下記アドレスへ「レポート希望」と名前・送付先(住所又はFAX番号)をお知らせください。費用は必要ございません。

お申し込みはこちらから
post@e-roumu.com

☆☆ 今月のレポートタイトル ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
忘れられたか“叱られる”効用
事業成長に欠かせない人材の自己革新
 
☆☆ レポート概要(全5ページ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【1】“叱れない”角界親方の特集記事が物語るもの
【2】今だからこそ思い出したい“叱られる”効用
【3】結局やはり“叱れなかった”A社の社長の現実
【4】失敗を恐れる“小賢しさ”が新規に挑む力を殺す
【5】人材の自己革新はそのまま事業チャンスの拡大

2008年1月28日 (月)

これも偽装でしょうか?

 これは、平成19年版労働経済白書に引用されているデータです。平成18年(2006年)から平成2年(1990年)の月間平均労働時間の推移を示しています。

 全業種の従業員5名以上の事業所が対象となっており、つまりは実質的に全国平均を意味しています。平成18年(2006年)で残業時間を含む月間総労働時間が、なんと150.9時間sign01となっています。

 8時間労働で月に19日働いていない計算です。逆に言えば月に11日休みのある勘定です。

 所定内だけでみますと、月間平均140.2時間ですから、同様な計算ですと月に18日弱しか働いておらず、13〜14日休みsign01のある計算になります。

 年間に換算すると総労働時間は1,811時間です。これは法定労働時間の年換算(365÷7×40で求める)の2,085時間を274時間も下回っています

 所定内で考えると、年1,682時間です。同様に法定労働時間との差は403時間にもなります。8時間労働ですと完全週休二日での休み(104日)の他に、年間50日休日・休暇がないと話が合いません。仮に7時間労働で年間125日の休日・休暇になる計算ですが、こんな中小企業どこにありますかsign02angry

 こんな統計を基にして労働政策は立案されています。実感と程遠い偽装統計はいい加減にして、実体経済に合わせた政策、立法を行わないと、健全な労使関係は成り立たず、日本経済は破綻します。

今度はマクドナルドですか・・・

 日本マクドナルドが店長を管理職として扱い、残業代を支払わないのは違法だとして、埼玉県内の店長が未払い残業代など計約1350万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、「店長の職務内容から管理職とはいえない」とし、同社に約755万円の支払いを命じたとのことです。

詳しい事実関係はこちらから
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080128AT1G2800O28012008.html 

 同社では今回のケースと同様な処遇の店長は、1700名sign01に上るそうですから、単純計算すると約128億の隠れ負債があることになります。同社の連結ベースの経常利益が約53億円(過去3カ年平均)ですから、2年半分の利益がなくなる計算です。つまりは、まともに賃金を支払ったら赤字sign02の可能性があるわけです。

 裁判で争ってはいますが、今回の判決は、過去の判例から見て至極当然の結果だと思います。会社的には、内部・外部の責任問題もあって、お家事情から争わざるを得なかったのでしょうshock

 マクドナルドでこれですから、他の外食産業は推して知るべしでしょう。この基準が適用されてくれば中小企業はひとたまりもありません。労働法制や社会保険負担が一人歩きして、企業の負担できる域を超えてしまっています。

 労働契約法や最低賃金法が制改定されましたが、旧来の枠組みからほとんど踏み出していませんangry。いわゆる偽装は止めて、本音の部分で労使関係を再構築しないと、少子高齢化社会の到来のずっと前に日本経済が崩壊してしまいます。

 

2008年1月23日 (水)

コナカ事件に思う

 いわゆるサービス残業、正確には賃金不払い残業というのでしょうか、紳士服大手の株式会社コナカが告発されました。横浜西労働基準監督署の是正指導を受けていましたが、残業代の精算はしていなかったようです。

 従業員の一人が、労働審判を申し立て、会社側が示談金600万円を支払うことで決着したようです。

事件の詳細はこちらから
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/index.cfm?i=2008012209840b4

 賃金債権の時効は2年ですから、600万円ということは、月額25万円を超える未払いがあったことになります。

 コナカでは、ホームページのIR情報で、一般従業員や管理職に対して、未払い賃金は精算したとしており、発表が嘘だったのか、精算額が過小であったと思われます。

コナカの発表はこちらから http://www.konaka.co.jp/ir/pdf/ketsujo/ketsujo_038.pdf 

 額にも驚きますが、その時間数にもちょっと驚きです。仮に申立人の給料が35万円だったとして、残業時間単価は、約2,500円ですから、未精算の部分だけで約100時間sign01の残業が認定されたことになります。これは、いわゆる労災の過労死基準では、完全にレッドカードcoldsweats02です。

 また、未払いの手口が、社員の4割以上を管理職としていたという稚拙きわまりないものであることも驚きです。東証一部に上場している会社がこれでは困りものですcoldsweats02
 
 コナカには、申立人と同様のポジションにいた社員が、約400名いるそうですから、隠れ負債24億円sign02です。
 
 コナカの自己資本は478億3百万円、創業35年ですから、一年当たり約13億円、未払い残業代の年額に相当するのは、皮肉な偶然でしょうかsign02


 松岡修造shockも困ってるでしょうね。経営統合したフタタも良い面の皮です。国会では「埋蔵金」論議が盛んですが、町の埋蔵金探しが流行ることがないよう祈っています。

(株)コナカの概要はこちらから
http://www.konaka.co.jp/company/gaikyo.html

2008年1月20日 (日)

湖月カレーあんみ食堂

 箱崎から吉塚へ抜ける途次、右手に見える「湖月カレー」の幟とキャンピングカーがいつも気になっていました。

 はじめて行ったのは、顧問先である健誠会ゆめタウン総合クリニックの忘年会に呼んでいただいたときでした。

 そのときは、夜の「かんらく」としてのメニューでしたので、温野菜とチーズを食べながらワインwineを気楽に楽しめる感じで、女性の小グループの宴会向きでしょうか。

 居酒屋で言うところのお茶漬けのタイミングで締めにミニカレーが出てきました。懐かしい味で、いつかランチで食べてに来ようと思っていました。

温野菜とチーズ料理の店「かんらく」のメニューはこちらから
http://anmicurry.hp.infoseek.co.jp/kanmenu.html

 写真は、大盛り湖月カレーのランチ、1,100円也。
 苺やトマトがたっぷりのシーザー・サラダが付いており、食べ応えは十分です。アイスウォターには、オレンジが浮かべてあり、美味しいです。マスターにお聞きしますと、夏は檸檬を浮かべるそうです。

 辛さが立たない旨味カレーは良い感じです。家族で食べるには特にお奨めです。これにコーヒーか紅茶が付けば鬼に金棒でしょうかsmile

湖月のカレー「あんみ」あんみメニューはこちらから
http://anmicurry.hp.infoseek.co.jp/anmimenu.html

2008年1月17日 (木)

開業15周年に実るはずの檸檬

 正月に植えた檸檬ですが、実際に実るのには、6〜7年かかるとか。実るころには15周年か・・・。

 未来を語ることの重要性は、成功者の多くが語るところです。心理学や組織行動論で語られる「自己成就的予言」の効能といえるのでしょうか、「こうなると思っているとこうなる」わけですから、とても楽観的な発想と言えます。

 ピグマリオン効果について書いたときも申し上げましたが、ポジティブな思いこみには魔法のような効果があるようです。

 檸檬の成長に託して、7年後開業15周年の未来予想図を書いてみたいと思います。人生設計は、�自分自身�仕事�家族�社会といった要素に分けて記述するのが常道でしょうが、仕事に絞って書きたいと思います。

�中小企業に貢献する「戦略型アウトソーシング」のビジネスモデルが確立されている。

�少なくとも5名のパートナーによるマネジメント体制が確立されており、福岡県に止まらず、東京airplane、名古屋又は大阪bullettrainに拠点が確立されている。

�一人当たりの生産性が1,500万円dollarに達し、他事務所水準の1.35倍の賃金水準を達成している。

�パートタイマーからの社員育成制度が確立しており、完全に自前で人材を調達できる状態にあり、「人材が育つ」風土をセールスポイントに新卒市場での競争力を確保している。

�ASPによるサービス提供を行い、大幅な効率アップを実現している。

�社員数100名以下の企業において、顧客満足度第一位の人事系アウトソーシング企業になる。

今は、夢みたいな話ですが、具体的な打ち手を考えることで、何となくワクワクしてきますsmile。これが、自己成就予言の効果でしょうかlovelysign02

皆さんも「初夢」をいかがですかsign02
興味のある方は、ビジネスブレークスルーが「人生設計シート」を期限付で提供しています。こちらからどうぞ。

http://www.lt-empower.com/mag2/konews/wmv_080104.html#ex

2008年1月16日 (水)

既に早春の気配でしょうか

 ここ数日は、大変、寒くて散歩も億劫になっているのですが、少し遅れて見てみますと、散歩道は、既に春が来ていました。

 畦道に菜の花が満開です。ゆっくり過ぎる時間には、早く春が訪れるようです。

 昨年までなら、車に乗っていても気づかなかった光景かもしれませんが、ちょっと不思議な感じですsmile

 

2008年1月11日 (金)

2008年経済・経営環境の見通しと15の対策


 例年、年頭にその年の経済・経営環境について見通しを書かせて貰っています。是非ご一読ください。

「年頭に当たって、今後の経済・経営環境の見通し」はこちらから。

http://mroumu.exblog.jp/7923691/

 オオカミ少年になるつもりはないのですが、益々厳しさを増しており、対策の実施は不可避だと思っております。

「企業存続・発展のための15の対策」はこちらから。
http://mroumu.exblog.jp/7958339/

2008年1月 9日 (水)

政令指定都市にも忍び寄る財政危機


 これは、平成16年度決算から算出した政令指定都市の財政状況です。表中のは注意信号・警戒水準、は赤信号・危険水準、超危険水準を示します。

 我らが福岡市、北九州市も非常に厳しい状況です。これから考えますと、オリンピック招致など狂気の沙汰shockといえる気がします。人工島事業の見直しを公約に掲げて当選した吉田福岡市長も、花嫁の真の姿を見て驚いたのか、医療関係者、患者の誰も賛成しない福岡市立こども病院の人工島移転も認める方向のようですcoldsweats02

読売新聞「人工島事業見直し公約の市長、止めれば損失大と推進へ」
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/jinkoutou/0712/ji_712_07120401.htm

 このことも地方財政健全化法の施行が影を落としていると思います。同法が第三セクター・地方公社等を含む財務指標公表を義務付けていることから、博多港開発(株)というブラックボックスを抱える福岡市は、選択の余地がないのではないでしょうか。吉田市長も十分な説明をしないまま推進を選択したわけですが、「粉飾決算をしますと」言えるわけもなく市政の責任者としては残念ながら当然の対応なのかもしれません。

 多少の誤魔化しは有ると思いますが、財政の逼迫は顕在化せざるを得ません。そのことを想定して、舵取りをすることが経営者には求められていると思います。

捕らぬ狸の無花果算用

 新年を迎えますと、事務所に置く観葉植物を買いに行きます。冬のことなので、種類も限られるのですが、一種のジンクスといいますか縁起担ぎのようなものです。

 近くのナフコに行きますと、果実類の苗木が、たくさん置いてありまして、娘の目に止まったのが「桝井ドーフィン」無花果の木でした。

 娘は無類の無花果好きで、他所様の庭や山畑にあるのを見ては、ため息をついておりました。品種の選び方もいつも食べている美味しいものを選んだようです。彼女の頭には大豊作のイメージsign01が浮かんでいるものと思われます。
 
 序でといってはなんですが、柚子とレモンの苗木も買いました。柚子は、ゆず湯に、蕎麦やうどんの薬味にも良いと考えました。檸檬は紅茶に、カクテルにと夢は勝手に膨らんで「捕らぬ狸の・・・」状態です。

 しかして、栽培法を調べてみますと、無花果は初年度から何とかなるようですが、檸檬は6〜7年かかるとのこと。
 柚子に至っては、こんな囃子歌もあるようで・・・。

「桃栗3年、柿8年、柚子の阿呆は13年、梨の大馬鹿18年」

 13年後というと事務所も20年を超え、私も還暦にリーチの年となります。植物clubには、時間の経過を教えてくれる不思議な性質があって、年輪と共に記憶を封印してくれています。

 少し長い話にはなりますが、多忙な折りもこの柚子と対話しながら正気sign02を取り戻して、年を重ねていきたいと思っています。