フォトアルバム
Powered by Six Apart

« チームワークを乱す社員、埋まらぬ溝� | メイン | チームワークを乱す社員、埋まらぬ溝� »

2008年8月31日 (日)

チームワークを乱す社員、埋まらぬ溝�


問題社員が、あっせんや調停、労働組合等を通じて行う主張は、「sign02」の連続です。同僚社員が申告した事実関係について全くといってよいほど認識がないのです。申し立て文書の内容だけでなく、実際に面談しても変わらず、事実を指摘しても理解できない様子で、「そんなことなら言って貰えばよかったのに。winkと何ともトンチンカンな答えが返ってきたりします。

個別労使交渉をするようになった当初は、「交渉戦術」なのだろうと思っていました。そうでないとしたら、「都合の悪い真実」から自分を守る一種の防衛本能みたいなものだろうと思っていました。しかし、最近では、問題社員は自分のミスに本当に気づいていないのではないか?と思うようになりました。

仕事に取り組まれる方ならどなたでもお分かりいただけるのではないかと思いますが、「仕事は小さなミスとリカバリーの連続」といえるのではないでしょうか?ベテラン社員が若手社員に「犯したミスを自分でリカバリーできたらそれはミスじゃない。」とアドバイスされる場面がありますが、そこに深い意味があるように思います。

問題社員は、そもそも気づかないからミスを連発するのではないでしょうかsign02指示された仕事の範囲で自分にできることまでしかしない、つまりは仕事を自分で完遂した経験がないのです。本人が知らないうちに、上司や先輩、同僚がリカバリーするのが常態化して「気づき」の機会を持てないまま、全体感などさらさら縁がありませんcoldsweats02

つづく

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/18212266

チームワークを乱す社員、埋まらぬ溝�を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿