フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 彼岸の空 | メイン | お陰様で十周年、感謝感謝です。 »

2009年9月28日 (月)

じじ十歳、老いの扉を開く

Img_0572ss じじは、今年の11月で満十歳になります。

私がサラリーマン生活に終止符を打ち、横浜から戻る際に、子供たちと交わした約束

「福岡に帰ったら犬を飼ってもいい」

の結果、我が家にやってきたじじ。

事務所の十周年は、じじ十歳を意味することは当然ながら、中型犬+αの彼には、その年齢が人間に直すと60歳超に当たることを私たち家族は理解していなかったようです。

初夏を過ぎる頃から、散歩に行きたがらない、ジャンプできない等、兆候は見られていたのですが・・・。

Img_0567ss9月に入ると、痛いのか左後ろ足を持ち上げたまま歩くようになり、よろよろして立ち上がれない日があったりで、散歩好きの面影はありません。

「子供が生まれたなら犬を飼うといい。彼は幼い子供たちを守り、少年の親友になるだろう。そして老いた彼は、大人の入り口にある子供たちに、別れの悲しみと命の大切さを教えるだろう。」

どなたの言葉か覚えていませんが、正にそんな役割を、じじは果たそうとしているのかもしれません。

Img_0574ss じじは、このブログを通じて、新しいお客様との出会いを演出してくれたり、なかなか良い営業マンでもあります。

これからも色々な出会いや気づきを与えてくれるであろうdogじじ。

季節に例えると実りの秋でしょうか?

彼に、秋の日が、やさしくゆっくりと降り注ぐよう願っています。

アラ還のじじに幸あれ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/21773245

じじ十歳、老いの扉を開くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿