フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月25日 (金)

メリークリスマス!

Img_0319s クリスマスとは宗教上の行事なのですが、八百万の神々を信じる典型的な日本人として、少々胸が騒ぎます。

この花は、同友会福友支部黒船ブロックからの頂き物です。

クリスマスと誕生日に送っていただいており、フラワーアレンジメントの良いところは、職員全員で楽しめるところです。

同支部の構成員でもあるフラワーズ・ブルー・ベルの浦里武敏氏の作です。

浦里さんは、次男の高校野球部の先輩でもあり、世間はやはり狭いものだなと思います。

我が事務所も殺風景になりがちですので、浦里さんお願いして、定期的にアレンジメントをお届けいただくようにお願いしました。

最近、ブログを書いていませんのは、新規のご相談でも、かなりディープなものが多く、何を書いても守秘義務に抵触するような気がするからです。

はご存じのこととは思いますが、社会保険労務士は、弁護士等他の士業同様、厳格な守秘義務を課されています。

社会保険労務士法第21条は下記の通りです。

(秘密を守る義務) 開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員は、正当な理由がなくて、その業務に関して知り得た秘密を他に漏らし、又は盗用してはならない。開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員でなくなつた後においても、また同様とする。

景気が悪化し、雇用調整局面になりますと、社労士は繁盛すると揶揄されることがありますが、一面の真実です。

強いストレスにさらされるご相談が多くなると思いますが、生花が相談者の心にプラスのオーラを放つことを期待しています。

2009年12月 9日 (水)

退職理由、その本音と建て前とは?

Img_0276ss  転職サイトの「リクナビNEXT」による「退職理由の本音ランキング」という調査結果では、離職者の退職理由のベスト3は次のようになっています。

1位-キャリアアップのため
2位-仕事内容が面白くなかった
3位-労働時間・環境が不満だった

ところが、これは建前での話、本音は次のようになるそうです。

1位-上司・経営者の仕事の仕方と合わない
2位-労働時間・環境が不満だった
3位-同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

労働時間・環境への不満が共通なのは、辞める段になると、衛生要因がクローズアップされるためでしょうか。

それにしても、本音の方では、経営者・上司・同僚・先輩・後輩との問題といった対人関係が占めるのは、考えさせられるものがあります。

建前では、キャリアアップや仕事内容とされる積極的なモチベーションの問題とすり替えられていることが、事実とすると、これを真に受けている経営者がいるとすると結構、深刻な問題かもしれません。

弊社で毎月発行しています経営レポートは、このデータを端緒に

「社員の本音を引き出す経営者の姿勢
     表面的な「現象」の奥に潜む経営課題は?」

と題して、検討しています。

ご希望の方には、経営レポートをPDFでお送りします。

matsuda@e-roumu.comまでお知らせください。

2009年12月 7日 (月)

労働組合の限界を明示?非正規社員の加入資格

Photo 前回のブログで、単位労働組合の組織率が、向上したことについて書きました。

今回は、組合員の構成、加入資格について、少々、考えたいと思います。

厚生労働省が発表した2008年の「労働組合実態調査」を基にしています。

単位労働組合で、パート労働者が職場にいる割合を示したグラフです。

労働組合のある職場の約3分の2に当たる62%にパート労働者がいると回答しています。

Photo_3 ところが、パート労働者に組合加入を認めているのは、その4分の1弱の22%に過ぎません。

このことは、労働組合がいわゆる「正社員」という既得権階層の利益代表であることを端的に物語っていると思います。

正規VS非正規の利益相反が見え隠れします

Photo_4 このことは、派遣労働者の加入資格を見るともっとはっきりしてきます。

派遣労働者がいる企業の割合は54%、過半数を超えパート労働者とそう変わらない水準ですが、派遣労働者に加入資格を認める組合は3% に過ぎません。

短時間・臨時を主とするパート労働者と違い、派遣労働者は、その業務の質と量で完全に正社員と競合する存在ですから当然かもしれません。

日本労働組合総連合会(連合)の「2010春季生活闘争方針」を見ますと、非正規労働者の待遇改善を一つの柱に据えていますが、各論になりますと派遣労働者は対象外のように感じます。

全国の派遣労働者は399万人(2008年)といわれていますが、最もシビアな雇用条件のこの方たちを除外して、ナショナルセンターとか労働者代表とか称するのはいかがなものかと思いますが、皆さんはいかがお考えでしょうか?