フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 美食三連発、その二「信州そば むらた」再訪 | メイン | 3時半過ぎに終わった会議、2時15分に発信されたメール »

2010年6月 4日 (金)

美食三連発、その三「COOK SHOP 海都」

Img_3804ss_2 私の事務所の十周年感謝の会のご縁で、株式会社マツザキの濱崎社長に、すてきな機会を設けていただきました。

濱崎社長が、役員をなさっている業界団体のセミナー講師として、鈴木牧師をお招きいただき、終了後、会食の機会を設けていただきました。

仕事柄、様々なお店にお連れいただき機会があるのですが、意外性のあるお店でした。

赤坂にあるCOOK SHOP 海都です。

カウンターとコック服のマスターという一風変わった雰囲気ですが、和でもなく洋でもなく、創作料理というジャンルなのでしょうが、それによくある嫌みや臭みはまったくありません。

ちなみに赤兎馬の凝りに凝った赤黒のラベルは、株式会社マツザキの渾身の労作だそうです。

凄いですよね!

Img_3795ss

海ぶどうの緑といくらのオレンジが、補色関係になって、色鮮やかな前菜です。

凝ったスープも出てきまして、味のメリハリも効いています。

写真は省きますが、おばいけや茄子の浅漬け、おきゅうとなんかも出てきまして、期待感が高まります。

Img_3799ss

海胆もまったく贅沢です。

Img_3801ss

おつくりも淡泊な鯛と濃厚な感じの ?何でしょうね?

いい脂がのってまして、初めて食べる味でした。

Img_3805ss

そら豆とあぶってかも、和食中の和食かもしれませんが、ちょっと違うひねりがあります。

Img_3807ss

海老のかき揚げ風、うま塩とレモンでいただきます。

Img_3810ss

鮑の地獄焼き?ですかね。

焼いた石の上で、くねる鮑の様は、残酷なような気もしますが、美味しいですね。

レモンを搾っていただきます。

Img_3813ss

サザエの壺焼きなんですが、青のりとオリーブオイルが効いてて、このあたりがコック服の真骨頂なんでしょう。

Img_3814ss

綺麗なレアの牛ステーキ、これまた綺麗な赤のトマト、ずっと効いてるレモンの黄色と相まって、見た目も美しい。

熊本産のトマトだそうですが、絶品です。

良い肉はやはり山葵で食べると引き立ちます。

これにデザートが付くんですが、品数も十を超えると圧巻ですね。

赤坂に行かれる機会があれば、海都はいかがでしょう?

新しい出会いをいただいた濱崎社長に感謝感謝です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/24332597

美食三連発、その三「COOK SHOP 海都」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿