フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月 4日 (火)

会社のルールを考える23 うつ病など精神疾患への対応

Mp900385526

 ある日、会社に内容証明郵便が送りつけられてきました。

それは30歳代の中堅社員Xからの休職通知でした。医者の診断書も添付されており、病名は「うつ病」で一ヶ月の加療が必要とされていました。

 詳しいことを知ろうと上司が、Xの携帯電話に掛けても応答が無く、しばらくしてメールがあり、「病気に良くないので会社とは連絡をとらないよう医者から言われている」とのことで、それっきり、連絡が取れなくなります。

Mp900405208
 自宅に行ってみましたが、家族が「医者から会社と連絡取らないように言われている。医者に連絡してくれ」というばかりでXには会わせてくれません。

 主治医に問い合わせても、プライバシーの問題と言うことで何も話してくれません。

 休職期間(もっともXが勝手に宣言したものですが)が満了しようかという頃、2通目の内容証明が届きます。

 前回の通知と同様の内容が書かれていました。

 ただ、傷病手当金の申請書が添えられていたのは少々違いましたが・・・。

 この頃になりますと、同僚の社員からXをデパートで見かけたとか、居酒屋で飲み歩いている、コンサート会場で会ったとか、とてもうつ病で加療中とは思えない情報が飛び込んできます。

 果ては旅行先から写メールが届いたとかで、上司も同僚も困惑の極みです。
 

 Xに病状確認のメールを入れたところ、やっと返事があり、「買い物などの日常生活に問題はないし、旅行やコンサートは良い気分転換になるので医者からも薦められている。」とのことで益々わけ分かりません。

 休職期間満了を翌月に控えて、会社は何らかの判断、処分を下さざるを得ないことになりました。事情を調べても外観的には「問題社員」としか思えないけれど「うつ病患者」なわけで、精神疾患として慎重に取り扱っていくことになるのですが・・・。

Mp900302906

 臨床心理士で社会保険労務士の涌井美和子さんによりますと、従来のうつ病の枠組みでは捉えられない症例が増えているそうで、「新型うつ」の特徴を次のようにまとめておられます。

① 自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる(うつ症状が軽くなる)
② 「うつ」で休職することにあまり抵抗がなく、休職中の手当など社内制度をよくチ  
ェックしていて、上手に利用する傾向がある
③ 身体的疲労感や不調感を伴うことが多い
④ 自責感に乏しく、他罰的で会社や上司のせいにしがち
⑤ どちらかというと真面目で負けず嫌いな性格

 まったく最悪ですが、「うつ病」を避けて通れないのも、現代日本の労務管理の実情かも知れません。

 対策としましては、就業規則の休職規程を次のポイントで整備することになります。

① 受診命令に関する規定をおく
② 復職の可否判断に関する規定をおく
③ 復職手続きと労働契約終了に関する規定をおく
④ 休職期間の通算に関する規定をおく
⑤ 再休職に関する規定をおく

 新型うつについては、これからの対処や取り組みがスタンダードを作っていくことになるでしょうから、今の時点で遭遇した使用者は大変です。

 しっかり脇を閉めて、対処しましょう。