フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 期待理論 | メイン | 新卒採用を考える④ 適切な人をバスに乗せる »

2011年11月10日 (木)

デシ教授の「内発的動機づけ」

01

ロチェスター大学のエドワード・デシ教授は、1975年に「内発的動機づけ」を提唱し、「外発的報酬は内発的な動機づけを低下させる」としてセンセーションを巻き起こしました。

「ご褒美をやるとモチベーションが下がる」というわけですから、内発的動機の重要性が一般に認識されている現代でも違和感がある向きもあると思いますので、当時としては大変なことだったと思います。

デシ教授はパズル実験により証拠立てます。

実験の方法は次の通りです。

①パズルは大学生にとって十分に面白いもので、実験前からそのパズルを知っており、自主的に楽しんでいました。
②学生のグループを二つに分け、ひとつのグループには一つパズルが解けると1ドル支払うと約束し、もう一方のグループには何も約束しませんでした。
③実験室に大学生を一人だけ入れパズルを解かせます。
④制限時間13分のパズルを4個解かせる1時間のセッションを3回行わせます。
⑤2回目と3回目のセッションの間に自由時間を8分間設け、最新の雑誌や灰皿が用意され、外出する以外は自由に振舞ってよいとして、経過を観察しました。

02

報酬を約束されていないグループには、特に変化がなく、自由時間も関係なく、パズルに興じていました。パズル解くこと自体が動機づけとなる「内発的動機づけ」の状態といえるでしょう。

03_4

ところが、報酬をもらうようになった学生のほとんどが、8分間の自由時間にパズルを楽しむことなく、雑誌を読むなど、他のことをしはじめたというのです。

つまり、金銭報酬という外発的動機が、内発的動機づけの状態を壊したといえるでしょう。

内発的動機づけとは、あくまでそれ自体が楽しみが動機の源泉となって、それを通じた自己の有能さや自己決定の感覚が得られるときにモチベーションが強まる性質があります。

金銭的報酬を第一義とする経済学的モチベーションとは対局をなすものですが、ベテランの営業マンや職人さんの中には、「金じゃないんだ」の気質は残っていますし、日本の古典的な職業観に合致するところも多いと思います。

デシ教授の指摘は、人事制度を考える場合に重要な示唆を与えると思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/27411865

デシ教授の「内発的動機づけ」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿