フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2011年11月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月19日 (木)

野津社長、初出版!今日から2日間、Amazonキャンペーン

__
私の尊敬する先達がはじめて出版されることになりました!!

株式会社アニメートエンタープライズ代表取締役
の野津浩嗣社長です。
...
コーチングの先駆者であり「セミナーづくり研究家」として、 セミナーづくりのサポートも行なっている方です。

今週末に出版することになったそうです。

書籍名は、
21年間で2600回セミナーを実施した私の
 「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則』(東洋経済新報社)。


売れるセミナー、顧客を獲得できるセミナーや説明会のつくり方 に特化している本です。

士業やコンサルタントの方は必見で、 その他にも「セミナー営業をもっと強化したい!」
という方にオススメです。

そして・・・

19日から2日間限定で、 アマゾンキャンペーンを行なっています!

特典が「4つ」もありますので、ぜひご参加ください。

特典の1つは、『セミナーづくりの個別アドバイス』!!

▼アマゾンキャンペーンの詳細はこちら【19日(木)・20日(金)】

↓  ↓  ↓

http://ae-seminar.com/book/

2012年1月 6日 (金)

先達に聴いてみよう 第3回 MaxVision 柳生雄寛代表

Photo_7自己開発支援&人脈構築支援のMaxVision・柳生雄寛代表のセミナー「サムライコンサル塾」に参加させていただきました。全12回3ヶ月にわたるセミナーで、マーケティングやマネジメントの考え方レベルに大変大きな収穫がありました。     

同社は、『人生は、誰と出会うかで決まる!』をコンセプトに、意識の高い大学生と志の熱い社会人が集い、それぞれの立場を活かしながら、自己開発と人脈構築を目的としたユニークな社会活動を展開されています。

柳生代表のCI(コンセプトイノベーション)の手法は、マーケティングを自己開発や経営力向上に活かした実践的ノウハウです。平易なキーワードで中小企業の経営を加速できると実感しております。

<学生起業家から船井のトップコンサルタントへ>
 柳生代表は、神戸生まれ・神戸育ち。19歳の時に起業。イベント企画・人材派遣・飲食店経営・通信関連事業・輸入代行業などを展開する中、阪神淡路大震災に遭遇し転機を迎えられます。船井総合研究所にて、マーケティング・マネジメント・ブランディングなどの実践ビジネスノウハウを修得。サンクチュアリ(漫画)に共感。天命を知り、『コンサルティング業は、我が天職なり』と気づき、2000年、船井総合研究所に入社。経営者の経験を持つ希少なコンサルタントの価値を活かして業種業態や規模を(街のうどん屋さんからNTTやホストクラブまで)問わず切れ味鋭いアドバイスで高い評価を得、1回のコンサルフィーが35万円以上というトップコンサルタントでした。

Photo_8

<成功の3条件とは?>
 柳生代表は、多くの成功した経営者との出会いやビジネスの経験から、船井総研創業者・船井幸雄氏の提唱された成功の3条件=素直×勉強好き×プラス発想がやはり鉄則だと説かれます。言葉を知識レベルで捉えず、考え方レベルまで突き詰めて理解すると見えてくる。この3条件を真に理解することで、ビジネスパートナーの選び方に困ることはなくなります。

<なぜビジネスのスピードが上がらないのか?>
 柳生代表は、気づかない社長は論外、気づいた社長も「何をするか」が決められず、ビジネスのスピードが低下していると指摘し、決められない最大の理由は、マーケティングのノウハウの欠如と看破します。
そのうえで、難しいはずのマーケティングのノウハウを、易しく短い11のキーワードに落とし込んで解説されます。紙数の関係で、詳細は書けませんが、正に目から鱗が落ちます。

Photo_11

<福岡成功塾を3月に開催します!>
 当社では、3月に柳生代表をお招きして、「福岡成功塾」と題したセミナーを開催する予定にしております。成功の4プロセス・7ステップを踏まえ、マーケティング力向上を経営改善に直結させるノウハウを是非、体感いただきたいと思っております。改めてご案内しますので、奮ってご参加ください。

起業家に求められる三つの性格

Photo

多くの起業家は、「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキが指摘するところの「自営業のワナ」にはまっていきます。

私自身も確かにそうでした。

私の場合は、士業ですので起業とは言えないかもしれませんが、まったくその通りだというのが実感です。

では、なぜそのような失敗が起こるのでしょうか?

私もずっと考えてきました。いくつかの原因に気づき、自分なりに整理できたと思っていた矢先、マイケル・E・ガーバーの「はじめの一歩を踏み出そう」に出会います。

この本には、私が12年間掛けて体験し、やっと気づいたことが予言の書のように書いてありました。

この本との出会いは、株式会社ブレインマークスの安東邦彦社長が、マイケル・E・ガーバーのセミナーを受講するため渡米されると聞いことからです。安東社長は私のメンターの一人で、絶好のタイミングで示唆を与えて下さいます。

思い起こせば、この本は、何度も書店で手に取り、Amazonのおすすめに出てきたりしたのですが、読まず終いになっていました。

やはり、縁は異なもの味なものです。私の場合、ご縁は人からいただくようです。

Photo_2

同書によりますと、起業家には、起業家・マネジャー・職人の三つの性格があり、それが渾然一体としてバランスが取れていないといけないとし、多くの起業家は職人型またはマネジャー型で失敗すると喝破しています。

起業家は、変化を好む理想主義者で、未来に生きる、革新者であり、戦略家とします。
マネジャーは、管理が得意な現実主義者で、過去に住み、いないと混乱するが、変化を嫌うとします。
職人は、手に職を持つ個人主義者で、現在に住み、目的の内容よりもその達成を重要視すし、スモールビジネスの経営者に最も多いタイプとします。

この三つの性格は、お互いに相容れない矛盾するもので、起業家には三重人格がバランスよく共存する必要があるとします。

私は、正に職人型で失敗した分けですが、人事バカですから典型といえるでしょう。起業家という言葉を書籍で読む知識レベルだけで理解し、マインドや考え方レベルでまったく理解してなかったと反省しています。

優秀で熱意に満ちたはずの起業家が、なぜこんな初歩的とも言えることで失敗するのか?

引き続き考えていきたいと思います。

2012年1月 5日 (木)

チャレンジャー登場第2回「オフィスバリー」中島園子さん

Photo_4起業された方や新しいビジネスに果敢にチャレンジされる方を紹介するこのコーナー、第2回は、  「オフィスバリー」の中島園子さんの登場です。

早速、自己紹介をお願いしましょう。

「皆様、初めまして!オフィスバリー・国際イメージコンサルタントの中島園子です。

現在、私は、教育機関や企業での講義・研修を行う傍ら、クライアントの外見のブランディングのお手伝いさせて頂いております。人の外見的イメージはコミュニケーションの一環です。どんなに優れたキャリアや知性があったとしても、中身と外見、つまり、伝えたいメッセージと動作、服装、話し方などに一貫性がないと相手に伝わりません。イメージコンサルタントは、社会の中で、何かの目的を達成するために、周囲にどのような印象を与えるのかを意識しながら、言葉に頼らないコミュニケーションをサポートする仕事です。」
今では、イメージコンサルタントとしてご活躍の中島さんですが、かつてはオシャレな福岡・天神のOL生活を満喫するべく、雑誌モデル巻き髪を真似、ビジネスの相手のためというよりは、自己満足の外見で仕事をされていた時季もあったとか。

Photo_5

結果、営業成績はまるでダメ。上司に怒られ、お客様にも怒られ、「このままではヤバイ!」と自覚された頃、転機を迎えられます。チャレンジャーの方の優れた特性はピンチをチャンスに変えるところですが、中島さんも正にその通り、南カリフォルニア大学メラビアン教授の「印象の法則」に出会い、新しい道を切り開かれていきます。

この法則によりますと「第一印象の形成データは、①ボディランゲージ(外見)…55%、②パラランゲージ(話し方、声の調子)…38%、③ランゲージ(言葉、内容)…7%。つまり、何を話すかよりも、93%はどのように見えたか、どのように話していたか、非言語的なコミュニケーションを重視している。」のだそうです。
 中島さんは、「ふ~ん、そうなんだ!」と素直に受け入れ、この法則を実践、“オシャレな中島さん”から、“仕事ができそうで信頼できる中島さん”へと変身、低迷していた業績は全社80名中第2位に、年間目標を半年で達成するなど大躍進されたそうです。

Photo_6

自身の変化に加え、仕事でも採用の現場に立ち合う事が多かったため、「人の印象の構成要素」に興味を持たれた中島さんは、アメリカに印象作りの専門家・イメージコンサルタントという仕事があることを知り、ライセンスを取得、米国に本部を置く世界最大のイメージコンサルタントの協会であるAICI に所属、イメージコンサルティング、マナー講師として大学等での就職支援、企業、医療機関等で講座・研修、ビジネスパーソン各人の職種・業界・体型・パーソナルカラー等を考慮したコーディネートや、ビジネスの印象力アップに繋がる話し方等のアドバイスで活躍中です。

成功の3条件は、素直×勉強好き×プラス発想というそうですが、正にドンピシャ当てはまる中島さん、更なる活躍が期待されます。

最後に中島さんから自己アピールをお願いします。
「弁(わきま)えのある外観は、“場を冷静に判断できる”というビジネスマンに不可欠な資質を持っている証です。ビジネスの相手とスムーズに信頼関係を築き、厳しい競争社会でお一人おひとりの実力を効果的にアピールするお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。」

http://ameblo.jp/officevary/

New Year Resolution

Photo_2

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

最近は、主戦場をFacebookに移しておりまして、ご無沙汰しております。

Facebookには、一国に革命を起こすほどの強烈な力があるといいますが、確かに凄いパワーを感じます。ぜひ、熱いメッセージとともに友達申請お願いします(笑)。

Facebookで「New Year Resolution」という言葉をよく目にしました。

直訳しますと、「新年の決意」ということでしょうか。

私は、今年の二月で、五十歳=知命を迎えます。

私にとって、今年の決意は、知命の決意であり、例年にも増して重要なものだと思っております。

それは、私のルーツを含め過去を活かすものでないといけないし、それゆえライフワークでないといけないと痛切に感じております。

私は、「幸せに成功する起業家モデル」の具現化を天命とし、生きて参ります。

一人の起業家として、幸せに成功する起業家を支援し、その支援策をシステム化し、私の事務所のスタッフ全員が実行できるメッソドとして確立していきます。

残りの人生すべてを賭けても惜しくない使命だと思っております。

次回以降、私自身の考え方をまとめるため、また、皆様にご理解いただくため、この使命について書いていきたいと思っております。

お付き合いいただけますと、幸いです。