フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 野津社長、初出版!今日から2日間、Amazonキャンペーン | メイン | 祝就職!新入社員のための入社手続きガイド【保険編】 »

2012年2月 2日 (木)

チャレンジャー登場 第4回 エイムアテイン 喜納弘子さん

Dsc09519

起業された方や新しいビジネスに果敢にチャレンジされる方を紹介するこのコーナー、第4回は「一般社団法人エイムアテイン」代表、夢実現プロデュ-サーの喜納(きな)弘子さんの登場です。
Aim(目標)Attain(達成)の法人名は、喜納代表の真っ向勝負のお人柄が忍ばれます。博多駅前3丁目のオフィスは博多駅博多口から徒歩2分と至便で、セミナーや教育研修で人が集うには最適な立地です。
喜納代表は「自分の経験や能力を社会に活かし、イキイキと生活する大人達。それによって、子供達が夢をもてる社会の実現」を理念に掲げ起業され、人気講師が入れ替わり立ち替わりセミナーを毎日開催するキャンパスを具現化されています。わずか1年でここまでビジネスが加速する秘結を伺いました。

二児の母である喜納代表が職場復帰されるのは、12年前、通信会社の事務員としてでした。そのときの仕事選びの条件は、事務職・通勤便利・残業なしの主婦らしいものでした。当時はインターネットの勃興期で、通信会社も業態転換の真っ最中、会社の苦境に遭遇し、配置転換を積極的に捉え、法人営業の最前線へ乗り出されます。直感タイプの喜納代表、「ピン!」と来るものがあったのだと思いますが、素晴らしく前向きだと思います。
Dsc09511

NTTやUSENなどのガリバー企業を相手に、「嘘をつかない」誠実な姿勢と中小ならではの一人で営業、技術、工程管理の三役をこなす八面六臂の活躍で対等に渡り合い、大手不動産会社の相見積もりに大健闘、営業所所長に就任されるまでになります。
ところが、リーマンショックにより市況が暗転、ビル建設がストップ、営業所の責任者として部下をリストラせざるを得ない苦しい立場を経験されたそうです。このような経験に、コミュニケーションや社員のモチベーションをあげるための心理学の大切さを痛感され、それらの学びを提供する起業の道を選択されます。

研修講師を志されますが、内閣府の「社会起業家支援」コースの支援金(300万円)の事業を知り、これを獲得することを決められます(応募ではなく獲得を、です)。実際、支援金を受けますが、その決定前に、起業され、オフィスも契約されたそうですが、このあたりの決定力はお見事というしかありません。先ず何をやるのか決め、目標達成のイメージを明確にし、自らリスクをとって「この指とまれ」で人の流れを作る。社名の由来そのまま、これが成功要因だと思います。
成功には、気づく⇒決める⇒やる⇒続けるの4つのプロセスが必要ですが、実は「決める」が一番難しい。気づいてやらずが当たり前、何とかやるまで漕ぎ着けても最も重要な「決める」が忘れられているから企業は目的を見失い、結果成功しないのが実情です。
喜納代表は、海外へ雄飛する女性起業家を輩出することを当面の目標とされていますが、その日も近いことでしょう。期待しております。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/27867557

チャレンジャー登場 第4回 エイムアテイン 喜納弘子さんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿