フォトアルバム
Powered by Six Apart

« チャレンジャー登場 第7回 ドリーミングルーム・ファシリテーター 坂本路子さん | メイン | お陰様で事務所開業13周年を迎えました。 »

2012年9月14日 (金)

先達に聴いてみよう!第8回 アクシスエボリューション 田中伸一代表

Photo_7 

                           

 

福岡市東区で研修講師、人材育成コーチング、人事制度コンサルティングでご活躍の魂のコーチング・アクシスエボリューションの田中伸一代表の登場です。田中代表は私よりも一世代若い42歳ですが、お目に掛かるたびにユニークな気づきを運んで来てくださいます。また、辿る道は違うのですが、方向性が不思議と似通っていると感じており、私のメンターの一人と思っております。私の「一歩先」を歩く田中代表、皆様にも参考になると思い、ご登場いただきました。

 

陽の当たる場所を歩き続けた銀行マン時代

 

大分大学を卒業し、福岡銀行に入行、中小企業向け法人融資ビジネスモデルプロジェクトで頭取特別賞受賞、中央委員として銀行の人事制度改革にも携わり、同期トップで課長に昇格・・・。非の打ち所のない見事な経歴です。初めてお目に掛かったときの印象も正にジェントルマンでエリート銀行員、魂のコーチングを標榜されるような方とは思えませんでした。

 

転職も順風満帆、子会社社長就任で訪れた転機

 

 

 入行10年後に、当時も伸び盛りの企業であった新日本製薬に転職。就業規則の整備、社員研修や人事制度改革への取り組む中でコーチングに出会います。その後も、総合管理部長として総務・経理・人事の様々な改革に取り組み、成果をあげ、5年間で、会社の売上も2.6倍、社員数も3.5倍になります。なかなかお目にかかれない成功物語ですが、やはり危機は訪れます。子会社の社長に就任し、目標必達の使命感が裏目に出て、社員から社長退任の連判状が出る事態に。

 

理想の会社の在り方に気づき、起業につながる

 

目標達成を急ぐあまり、部下に対しての配慮が欠けていたことを猛省、目標達成できなくても100%の力を発揮してくれた社員に心からの感謝を伝えることから再始動、「ともに同じ価値観を持ち、お互いを認め、支え、助け合い、みんなが活き活きと目標を持って働ける会社」の理想を掲げ、就任時の40名から120名の体勢へ成長させます。グループ再編を機に、1社でも多くの「理想の会社」作りに貢献したいと独立、起業を決意されます。ピンチの後のチャンスと申しますが「持ってますね」と言いたくなるほど鮮やかです。

 

ダウン症の長男・彰悟君と家族の絆の中で

 

 ダウン症候群は統計上800分の1の確率で発生するそうですが、様々な障害を伴い重篤なものです。先達は、彰悟君を「神に最も近い存在」と仰います。それは障害を乗り越えるという使命を授かり、乗り越えることを当然のこととして真っ直ぐ立ち向かう姿がそう映るのだと思います。先達は、「障害児だからと」あきらめず「この子はできる」と信じることから、「できないと責めるのではなく、能力や可能性を信じることで人は育つ」ことを学ばれたそうです。外柔内剛の人、魂のコーチングの原点、此処に有りです。

 

個性や役割を尊重し笑顔の世界をつくる

 

 先達は、理想の会社作りを超えて、人だけでなく動物や植物などが調和し、それぞれの個性や役割を尊重しながら笑顔の溢れる世界を目指して活動されており、社会起業家、新しい世代の経営者、リーダー像を感じています。益々の活躍をお祈り申しあげます。 NPO法人『地球村』代表の高木善之先生を招いて『未来を変えるリーダー塾』と題しワークショップを主催されます。同封のパンフレットを参照ください。

 

アクシスエボリューション

 

電話092-201-0071 FAX番号092-672-7426

 

http://www.axisevolution.com/

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/29786227

先達に聴いてみよう!第8回 アクシスエボリューション 田中伸一代表を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿