フォトアルバム
Powered by Six Apart

« チャレンジャー登場!第12回 学校法人国際学園所属 ハンドサイクリスト 永野明さん | メイン | 若者チャレンジ研修生2名、プログラムを開始しました。 »

2013年7月24日 (水)

株式会社フォルテシモ福岡オフィス フィナンシャルプランナー 元木景子さん

 

女性がM字カーブを再び登るとき、様々な問題に直面する現実があります。

 

元木景子さんは三児の母でありM字カーブの底から仕事に再チャレンジした一人、チャレンジャーの資格十分とみました。

Dsc04818 

【順風満帆のOLライフ】

 

元木さんは地元の高校を卒業し福岡女学院短大に進学、天真爛漫なキャラを活かして学祭の実行委員長を務めるなど大活躍、楽しい学生生活を送ります。平成バブルの大波に乗って老舗企業に就職しますが経理の仕事が合わず、働きながらインテリアコーディネーターの専門学校に学び照明メーカーに転職します。営業の仕事は楽しく、会社からも適性を認められ同社初の女性総合職に選抜されるまでになります。

 

 

【子育てに専念した十年間】

 

元木さんは結婚、長男の出産を機に退職、M字カーブを下ります。

 

子育てに専念、二男一女に恵まれ完全母乳で育て上げるなど母として充実した日々を送ります。子どもたちが成長しそれぞれの個性や才能を発揮し始めると夢が広がって行きます。夢の大きさは、喜びと共に教育費の不安として徐々に陰を落とし始めます。そんなとき、生命保険会社主催のマネーセミナーに参加し教育資金の不足を煽る内容に不安に火がつきます。

 

 

 【再び仕事に挑む】

 

パートタイマーとして仕事に復帰した元木さんですが、転機が訪れます。外資系保険会社でトップセールスだった幼馴染が法人代理店を設立するので手伝って欲しいとの誘いです。元々営業に自信があり、子ども達との時間を確保しながらもっと効率よく稼ぎたいと思っていた元木さんには渡りに船の提案でした。しかし、この選択は元木さんを不安を煽る側に立たせることになります。

 

【訪れた転機】

 

元木さんにとって法人代理店で若い外交員の姉貴分として働くことは楽しく、営業も順調だったそうです。保険の知識が深まり、FPの勉強をするに連れ、ニーズを喚起し不安を煽る営業手法に違和感が芽生えます。

 

初めてのマネーセミナーでの感じたザワザワと波立つ気持ちが蘇り、「私のお客様には、こんな気持ちを味あわせない」と決意します。

 

 

フィナンシャルプランナーとして立つ】

 

元木さんは今春、株式会社フォルテシモに移籍、福岡オフィスのFP仲間と共に、お金に関する正しい知識を楽しく学べるセミナーを開催されています。セミナーでは、国の社会保障制度など安全安心の仕組みを先ず説明し本当に必要な商品、サービスを提供するFPとしてお客様に寄り添う姿勢を大切にされているそうです。

 

 

 

M字カーブの底を脱した先輩として知識や経験を広く後から来る方にフィードフォワードしていただきたいと思います。益々のご活躍をお祈りしております。

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396776/31740069

株式会社フォルテシモ福岡オフィス フィナンシャルプランナー 元木景子さんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿