フォトアルバム
Powered by Six Apart

愛犬じじと散歩道 Feed

2009年11月 3日 (火)

じじ、天国の扉を開く。享年十歳。

Img_0212ss 我が家の三男、じじが亡くなりました。

骨肉腫を患い、手術中に容態が急変、急を聞いて駆けつけた家内と次男に看取られて、最後を迎えました。

この夏から老いの兆候か?と思っておりましたが、発症からは二月もなく逝ってしまいました。

ドッグイヤーの意味を思い知らされました。

彼には、「癒し」の能力が備わっていて、私と家族を支えてくれました。

開業後、余裕なく神経がささくれ立っていく私。私が甘い甘いといわれる長女すら、後に「とても怖かった」と振り返るような状況を救ってくれました。

私は「癒し」と言う言葉はあまり好きではありませんが、他に適当な言葉が見つかりませんし、そのときの状況はやはり一種の病だったと思います。

いつも一番弱っている家族の側にいるじじ。

長男の大学受験のとき、次男が高校野球のレギュラー争いをしているとき、その側を離れませんでした。

病気を患ってからは、ほとんど動かなくなった彼でしたが、長女が前十字靱帯断裂の重傷を負った日は、帰宅の三十分ほど前から玄関に歩いていって待っていてくれました。

十年近く野球→ソフトボールとやってきて、プレイヤーとしては致命的なケガですから、落胆の極みだったのですが、やさしい気持ちが前向きにさせてくれました。

オオカミの野生が残る彼には、一種の危険予知能力があるのでしょう。

ムツゴロウ畑正憲氏は「犬は、オオカミからの進化の過程で、その生命を守る手段を「牙」ではなく、人間と共生することに見いだした。」という趣旨のことを仰っていましたが、分かるような気がします。

最後の夜は、めずらしく私の横で寝てくれました。

「僕がいなくなっても大丈夫?しっかりしろよ!」とでもいいたかったのでしょうか。

晩年、三本足で歩いていた彼ですが、手術室には四本足で堂々と入って行きました。最後までやさしいじじでした。

合掌。

2009年9月28日 (月)

じじ十歳、老いの扉を開く

Img_0572ss じじは、今年の11月で満十歳になります。

私がサラリーマン生活に終止符を打ち、横浜から戻る際に、子供たちと交わした約束

「福岡に帰ったら犬を飼ってもいい」

の結果、我が家にやってきたじじ。

事務所の十周年は、じじ十歳を意味することは当然ながら、中型犬+αの彼には、その年齢が人間に直すと60歳超に当たることを私たち家族は理解していなかったようです。

初夏を過ぎる頃から、散歩に行きたがらない、ジャンプできない等、兆候は見られていたのですが・・・。

Img_0567ss9月に入ると、痛いのか左後ろ足を持ち上げたまま歩くようになり、よろよろして立ち上がれない日があったりで、散歩好きの面影はありません。

「子供が生まれたなら犬を飼うといい。彼は幼い子供たちを守り、少年の親友になるだろう。そして老いた彼は、大人の入り口にある子供たちに、別れの悲しみと命の大切さを教えるだろう。」

どなたの言葉か覚えていませんが、正にそんな役割を、じじは果たそうとしているのかもしれません。

Img_0574ss じじは、このブログを通じて、新しいお客様との出会いを演出してくれたり、なかなか良い営業マンでもあります。

これからも色々な出会いや気づきを与えてくれるであろうdogじじ。

季節に例えると実りの秋でしょうか?

彼に、秋の日が、やさしくゆっくりと降り注ぐよう願っています。

アラ還のじじに幸あれ。

2008年9月25日 (木)

今年も彼岸花の季節となりました。

今年も彼岸花が畦道を飾る季節となりました。

稲はに品種改良されたためか、実り方はまちまちですが、彼岸花は変わらず咲いています。

愛犬じじが我が家に来たのは開業の年ですから、10月で満9歳になります。

人間に例えると知命を少々回ったところですが、益々元気です。

右も左も田んぼなのですが、刈り取りが終わったものから、まだ青々してるものまで様々です。
子供の頃は、雪国に住んでいたこともあり、稲刈りは11月だったような記憶がありますが、超早稲というのでしょうか、8月には稲刈りですから様変わりです。



何でしょうか?試し刈りとでもいうのでしょうか?

じじも不思議がって興味津々でした。


造形の美しさは、やはり麦に勝てませんが、心象風景としては、やはり稲ですね。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」でしょうか。

じじの背越しに彼岸花です。

この一連の写真は、i-phoneで撮っているのですが、ピントが甘かったり、手ぶれがでたりと、やはりアメリカ的というか、カメラを作っていない国の製品なんだなと思います。

コスモスも咲き始めています。
i-phoneの特性がいい方に働いて、ちょっと変わった感じで撮れました。
最近は、オレンジ色が主流になって、ちょっと違和感を感じます。やはりコスモスは、淡いピンク系だと思いますがいかがでしょうか。

2008年5月28日 (水)

麦秋の季節となりました。


じじの散歩道には、だいたい三つのパターンがあるのですが、私と行く場合は、田んぼ麦畑パターンが多いように思います。

と言いましても私が決めるわけでなく、じじdog本人が「何かを察して」sign02決めています。

田んぼの稲穂も「瑞穂の国」の住人としては感慨深く良いものですが、真っ直ぐ伸びる麦の青から金色へ移りゆく姿はちょっと大陸的風景で元気づけられるような気がします。

初夏から梅雨の合間にある「秋」は吉兆を感じさせてくれる大好きな季節です。

2008年5月 9日 (金)

バラが咲いた


昨日の夕方から庭先の薔薇が咲きました。
一輪だけの薔薇ですが、また咲いてくれました。

昨日から頭の中は、あの歌の独唱状態です。
幼稚園の頃の愛唱歌でした。

「バラが咲いた」
浜口庫之助 作詞/作曲

バラが咲いた バラが咲いた
真っ赤なバラが
さびしかった僕の庭に
バラが咲いた
たった一つ咲いたバラ
小さなバラで
さびしかった僕の庭が
明るくなった
バラよバラよ 小さなバラ
そのままで
そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた
真っ赤なバラが
さびしかった僕の庭に
バラが咲いた

バラが散った バラが散った
いつのまにか
僕の庭はまえのように
さびしくなった
僕の庭のバラは散って
しまったけれど
さびしかった僕の心に
バラが咲いた
バラよバラよ 心のバラ
いつまでも
ここで咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた
僕の心に
いつまでも散らない
真っ赤なバラが

2008年5月 8日 (木)

やっと無花果の芽が出ました。


娘が植えた無花果がやっと芽を出しました。

枇杷と並んで無類の無花果好きですが、「とらたぬ」を決め込んでいるようです。

他にもトマトを植えたり、オクラの種を蒔いたり、好きなものには人一倍執着があるようです。

彼女もソフトボールbaseball一色で染まるであろう高校生活三年間がスタートしました。毎朝五時に起きsun、始発trainで学校schoolに通う毎日です。

無花果が実るころには、真っ黒な顔に白い歯がトレードマークの高校生プレイヤーsweat01が活躍していることを祈っていますsmile

2008年5月 7日 (水)

今年は裏年でしょうか?


庭の桜桃が赤い実を付け始めました。昨年は大豊作でしたが、今年は裏年でしょうか、少々実が少ないようです。

長男の卒園記念樹ですから、今年で15年目になりますが、よく考えてみると本格的に実がなり始めたのは去年のような気もしてきます。

お隣のは大豊作で、既に鳥の餌食になってるようですから、気候の問題ではなく、やはり木の体調?というか個体差なのでしょう。

桃栗三年柿八年とはいいますが、品種により旬の時季は違うようで、何となく人の有り様にも似て興味深いです。

どの木にも旬があって、一般的にはこの頃と言えるとしても、それぞれの最盛期は終わってみてみないことには分からないのでしょう。草木はただひたすら咲き、芽吹くことができますが、人間は難しいですね。

四十路半ばはどの季節になるのでしょうか?ユングの心理学に「Middle Age Crisis=中年の危機」という言葉がありますが、そういう時季なのは間違いないでしょう。

咲くか?咲かぬか?、実るか?実らぬか?。ここが思案の踊り場なのかもしれません。何とか庭の桜桃には負けたくないものですが・・・。

2008年5月 5日 (月)

そろそろ見頃です。

庄助ふるさと村の藤棚です。四連休に入る前でしたので三分咲きでしたが、もう見頃でしょう。横浜から帰って来てしばらくして出来ましたから5、6年でしょうか。そんなに人出も多くないので、ゆっくり見られます。

チューリップはさすがに終わりでしょうか。雪国育ちなのでチューリップは5月の花だという感じがいまだにします。

ポピーは今が盛りでしょうか。様々な方向に咲いてるようですが、やはり光に向いて咲いているんですね。

庄助村には駄菓子屋もありまして、昭和のお菓子が並んでいます。やっぱりラムネ菓子が好きですね。花の苗や野菜の種も売ってます。

新緑が鮮やかですが、行き帰りの道は青い麦畑です。そろそろ田植えも始まって、ますますいい感じです。


庄助ふるさと村の情報はこちら
http://www.geocities.jp/town_munakata/munakata_guide/furusatomura.html

2008年5月 4日 (日)

スペシャル・ゲスト


休みでもあり、夫婦でじじ散歩dogのつもりでしたが、ご近所の上野さん家のちひろちゃんclubが飛び入りです。

ちひろちゃんは、スイミングから帰ったばかりで、まだ髪も乾いていない感じでしたが、ゴールデンウィークならではのお楽しみかもしれません。

ちひろちゃんは小学4年生、自由形と個人メドレーで活躍するスイマーです。じじが多少早く走っても、軽い足取りで追跡です。

じじも、我が儘を受け止めてくれるちひろちゃんに大喜びです。いつものコースも何のその、好き放題です。

仕事や倶楽部で遅くなることも多い我が家ですが、17時過ぎになったら、上野家houseへ遠吠えするようになるかも知れません。

2008年4月27日 (日)

ビールの季節は青い麦畑


じじの散歩道は、麦と稲の二毛作が一般的なようで、ビールが美味しい季節になると、青い麦が綺麗です。

日々、穂の大きさが変わり、グングン伸びていくのが分かります。これから麦秋に掛けて、季節を先取りにする麦畑は散歩道の大きな楽しみです。

空には鶯や雲雀の囀り、足下は蓮華、タンポポの花盛りで、ちょっとした「愛宕山」の風情です。

上方落語の愛宕山はこちらから
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E5%AE%95%E5%B1%B1_(%E8%90%BD%E8%AA%9E)