フォトアルバム
Powered by Six Apart

研修日報 Feed

2011年6月23日 (木)

外国人の氏名について

こんにちは北村ですhappy01

社保や雇保の資格取得、喪失届の作成に大分慣れてきたんですが、

外国人の名前が難しくて未だに間違えてしましますbearingsweat01

どれがファーストネームでファミリーネーム、ミドルネームか見分け方がよくわかりません…shock

基本的には、外国人登録証に記載されている並びの通りに氏名を登録するんですが、

文字数オーバーで全部入りきらなかったり、読み方が違ったりと悪戦苦闘していますdespair

また日本式の名前(通称名)で社保、雇保に登録したい人は、手間がかかりますが最初に正式名で登録してから、氏名変更届を提出して通称名に変える手続を行わなければならないそうですsweat01

外国人の資格取得、喪失は日本人の取得、喪失方法との相違点や注意点が多くあるので、より一層注意して作業に取り掛かりたいと思いますrock

2011年5月31日 (火)

研修日報

こんにちは北村ですhappy01

今日は、労働保険と呼ばれている雇用保険と労災保険について書きますrock

diamond雇用保険…労働者が失業した時に所得保障として給付を行う制度

 主な給付

  ・求職者給付…労働者が失業している間に給付

  ・就職促進給付…失業者の再就職を援助・促進する給付

  ・教育訓練給付…教育訓練を受ける労働者を支援する給付

  ・雇用継続給付…労働者の雇用継続を支援する給付

diamond労災保険…業務上、通勤上で負傷、疾病、障害、死亡時に保険給付を行う制度

労働者が業務上の事由で負傷、疾病、障害、死亡時に事業主は労働者に治療費、休職中の所得などを補償する義務(災害補償義務)があります。

使用者に補償能力がなく、十分な補償を行われない危険性を防ぎ、労働者が確実に補償を受けられるように、国が保険料を徴収し、被災労働者に直接給付を行っています。

通勤災害は労働基準法における事業主の補償義務はありませんが、労災保険から業務上の事由による災害と同様の保険給付を受けることができます。

2011年5月26日 (木)

研修日報

こんにちは北村ですsun

今日は狭義の意味で社会保険と呼ばれている健康保険と厚生年金保険について書こうと思いますrock

diamond健康保険…事業所に使用される労働者(被保険者)を対象とした医療保険制度

被扶養者とその扶養家族の業務外の病気やケガ、死亡、出産に対して保険給付を行います。

健康保険には全国健康保険協会(協会けんぽ)と健康保険組合の2つの保険者があり、原則、全国健康保険協会が保険者となりますが、一定の条件に該当する事業所では独自で健康保険組合を設立し、組合が保険者となることができますshine

diamond厚生年金保険…老齢、障害、死亡時に必要な保険給付を行う制度

健康保険と違い、業務上、業務外を問わず、疾病時に保険給付がされます。

 主な給付

  ・老齢厚生年金…被扶養者が65歳から支給

  ・障害厚生年金…被扶養者が期間中に病気やケガで重度の障害が残った時支給

  ・遺族年金…被保険者が死亡した際、遺族に支給

2011年5月23日 (月)

研修日報

こんにちは北村ですhappy01

あと少しで入社して2カ月経つのにびっくりしてますimpact

今回から社会保険について勉強してきたことを載せていこうと思いますrock

今日は基礎中の基礎で申し訳ないのですがsad、社会保険制度について書きましたpencil

社会保険制度とは国などの公的機関が管理運営する

万が一の事故・ケガ・病気・死亡時、必要な人に必要な補償が行われる制度ですshine

社会保険制度は一定の要件に該当すると強制的に加入する仕組みになっています。

社会保険の中には、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・国民健康保険・国民年金・船員保険・各種共済組合で行われている保険などがあります。

企業に勤める労働者に関連が深いのが健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の4つです。

この4つの保険は、内容や管轄する行政機関の違いにより、

健康保険と厚生年金保険は狭義の意味で社会保険

雇用保険と労災保険は労働保険と呼ばれています。

2011年5月11日 (水)

五月病

こんにちはsun

皆様GWはどう過ごされましたか?私は呼子へイカを食べに行ったり、岩盤浴spaに行って汗をかいてきましたsmile

今回は業務と関係ないですが、GW明けということで、五月病について書きたいと思いますshine

実は五月病とは正式な病名ではなく、医学的には「適応障害」「気分障害」と言います。五月病は環境の変化による一時的な心身の不調で、多くの人は時間が経つに従って良くなっていきます。

主に学生、新社会人、几帳面、真面目な性格の人がかかりやすく、五月病によって起こる症状は、個人差がありますが

spade身体症状…睡眠障害・便秘・疲労感・免疫力の低下・動悸・頭痛

diamond内面症状…抑うつ・判断力の低下・焦りや不安を感じる・周りの出来事に関心がなくなる。

などが現れます。

症状を見ると、大変な病気のように見えますが、一時的なものなので、新しい環境に慣れたり、体を休めることで次第に治っていきます。しかし、いつまでも症状に改善が見られない場合は鬱病になっている可能性があるので、心配な時は病院で診療を受けるのをお勧めします。

近年では精神病への理解が進み、心療内科へ行くことへの抵抗感、偏見が少なくなってきたので病院へ行きやすくなりましたが、軽度の症状なら寧ろ行かない方が良い時もあります。

大学の先生が仰っていた言葉なんですが

『よくメディアで症状が気になったらすぐに病院へという言葉を見かけるが、あまり病院へ行かない方が良い。五月病や鬱病と診断されると、「私はやっぱり病気なんだ」と更に気分が落ち込んでしまい、薬を処方されることで、落ち込んだら薬を飲むというサイクルが出来上がり、依存症に陥る可能性がある。』

この言葉のように本来、軽度の症状で放っておけば治っていたものを逆に悪化させてしまうケースもあります。絶対に病院へ行くなというわけではありませんが、自覚症状があるのであれば、すぐに病院に頼らずに体を休めたり、家族や友人などに話を聞いてもらうのが一番の治療方法になります。

五月病とは誰でも経験したことがあるものです。「病」という文字がつくので大袈裟にとらえがちですが、殆どの場合が怪我のように時間を置けば治るものです。

今まさに五月病だと思っている人は、五月病だと気にせずに、寧ろ忘れる勢いで毎日を過ごせば、何時の間にか治っているものなので、普段通りに仕事、学校を頑張りましょうrun

2011年4月26日 (火)

Ca5cl8n5 こんにちはsun
22日は業務の後、第四回天神塾特別研修会に参加させて頂きました。

研修では少人数のグループに分かれてグループディスカッションを
行い、私のグループでは福島の原子力発電について討論しました。
東電の危機管理を軸に話が膨らんでいき、日本の外交力の低さ、原子力に代わるエネルギーとは何か等、様々な話を行いました。
特に印象に残ったのが、ある方が仰った『危機管理には独裁者が必要』
だという言葉です。
独裁者と聞くと悪いイメージしか持っていなかったので、独裁者sign02と驚いたのですが、
視点を変えて見ると、多くの人を惹き付けるカリスマ性があり、自分の考えを行使できる力を持っているという良い点があることが分かります。
今回のような緊急時に独裁者がいればいち早く対処を決めて実行に移していただろうとの事です。

私のような新人がこのような場にいても良いんだろうか…とかなり緊張していたのですが、私一人では考えもしなかった素晴らしい意見を沢山聞くことができ、非常に有意義な研修会になりましたhappy01

2011年4月20日 (水)

研修日報

こんにちはhappy01shine110420_2136010001
今日は退職者の手続の資格喪失届、離職票の作成・出力をメインに行いました。

入社1日目から、入退職者の手続を勉強していて、初めて作成・出力をした時は分からない所だらけで何度も先輩方に教えて頂いたり、
入力間違い、入力漏れで何度も入力・印刷し直しでかなり悪戦苦闘していたんですが、
何度もやっていくうちに入社から退職までの一連の流れが漸く分かってきましたflair
しかしまだ自分の中に完璧に落とし込めていないので、あやふやだったり分からない所を明確化させて解決して、早く慣れていきたいと思いますbearing

あと、今日自分の健康保険証が届きましたsign03happy02
取得届を自分で作成していたので無事に発行してもらえて安心したのと、
親の扶養から外れて社会人として自立し始めたという
実感が漸く湧いて嬉しくなって、保険証を見てニヤニヤしてましたsmile

今日も沢山勉強できた一日になりましたshine

2011年4月12日 (火)

初めまして

Dsc01146ss_2 

初めまして。この度、4月に入社致しました北村と申します。
研修報告の一環としてこのブログに投稿させていただくことになりました。
拙い内容ではありますが、御一読いただけると幸いです。

1日の入社日から入退社の勉強をしており現在、社会保険、雇用保険の資格取得、喪失届の作成をしています。
つい最近まで社会保険や雇用保険とはあまり縁がない学生だったということもあり、各保険の名前を知っているだけで内容は殆ど分からない状態でしたが、先輩方が丁寧に教えてくださるお陰で、徐々に理解度を深めることができ、先日自分自身の社会保険、雇用保険資格取得届を作成することができました。
もし、他の企業で働いていたら社員の方に任せきりで無知のままになっていただろうと思います。
そう考えると、勉強をしながら仕事ができる環境にいる自分はとても恵まれていると感じました。

社会人としての一歩を踏み出したばかりで、まだまだ未熟なところばかりですが、先輩方を見習って精進していきたいと思います。

(写真は、流通センター公園から臨むFRCビルです。)

2008年12月11日 (木)

変形制の場合の時間外労働

1年単位の変形労働時間制に関して、当該制度を採用した場合に時間外労働となるケースについて触れたいと思いますshine



本来、1年単位の変形労働時間制を採用すると、1ヶ月を超え1年以内の期間(対象期間)を平均1週間当たりの労働時間が40時間を超えない範囲であれば、特定された日に8時間・特定された週に40時間を超えても時間外労働とはならず、割増賃金の問題も発生しません


先ずは1日単位で考えます。

例えば、ある特定の日について労働時間が予め9時間と定めてあれば、この日に法定労働時間の8時間を超えて従業したとしても9時間までは時間外労働とはならないことになります

この場合、予め定められた時間(9時間)を超えて従業した場合に時間外労働となり、割増賃金が発生してきますdanger

但し、予め定められた時間が法定労働時間より短い場合には、法定労働時間までは時間外労働に該当しません。

例えば、所定の労働時間を6時間と定めた日に労働時間を延長した場合、法定の8時間までは割増賃金の問題は生じないという事になりますsign01
(当然、通常の賃金の支払は必要です。)

   【EX】所定労働時間9時間の日に10時間労働 ⇒ 1時間の時間外
    【EX】所定労働時間6時間の日に8時間労働 ⇒ 時間外なし



次に週単位で考える必要があります。

1週間については、同じく法定労働時間(40時間)を超える時間を定めた週はその時間を、その他の週は法定労働時間を超えた部分が時間外労働となります(但し1日毎の時間外労働とされた時間は除いて計算します

【EX】週の所定労働時間45時間の場合に48時間の労働 ⇒ 3時間の時間外
   その中に、1日毎に算出された時間外労働が1時間あればそれを除いて、
3時間 − 1時間 = 2時間の時間外

【EX】週の所定労働時間35時間の場合に42時間の労働 ⇒ 2時間の時間外
   その中に、1日毎に算出された時間外労働が30分あればそれを除いて、
2時間 − 0.5時間 = 1.5時間の時間外


最後に対象期間全体を通じて考える必要がありますsnow

この場合、対象期間における法定労働時間の総枠を超えて労働した場合に時間外となります

例えば期間を1年間と設定すると、年間を通じた労働時間の総枠が、

40時間 × 365日 ÷ 7日 = 2085時間

となり、この2085時間という総枠を超える場合に時間外労働が発生します。
(この場合も日毎・週毎に算出された時間外労働の時間を除きますsign01


※通達(行政解釈)では、このように表現されていますsadsweat01
2 変形労働時間制
(1)一年単位の変形労働時間制
ト  参照


規定もややこしく煩わしいと感じてしまいがちですが、きちんと頭に入れておきたい所ですねsmilesmile


2008年12月 9日 (火)

変形労働時間制�

1年単位の変形制
(労働基準法32条の4第1項)


季節によって業務に繁閑の差のある事業においては、閑散期に労働時間を短縮し、その分の時間を繁忙期にあてる形で労働時間を設定をする方が効率的ですねsmile

1年単位の変形労働時間制を採用すれば、業務量に合わせて労働時間を弾力的に配分することができ、労働時間を無駄なく設定することができますshine

1年単位の変形労働時間制とは、対象期間(1ヶ月を超え1年以内の期間)を平均し1週間当たりの労働時間を40時間以内に収める事で、特定された日・特定された週において、1日8時間・1週40時間の法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。


当該制度を採用するためには次の項目について労使協定を締結し、労働基準監督署に届出ることが必要ですcat

�対象となる労働者の範囲
�対象期間 及び その起算日
�特定期間(対象期間中特に業務が繁忙な期間)
�対象期間における労働日 及び 労働日ごとの労働時間 (※1)
�労使協定の有効期間


(※1)対象期間における労働時間の総枠は次の式で求められます。

対象期間における労働時間の総枠 = 40時間 × 対象期間の暦日数 ÷7

たとえば対象期間を1年間と設定すると、

40時間 × 365日 ÷ 7 ≒ 2085


1年間を通じて2085時間以内で収まるように、労働時間を配分すれば良いわけですsign01

この総枠の範囲内であれば、特定の日に8時間を超えても、また、特定の週に40時間を超えても、法定労働時間に収まっていることになります


但し、1日あるいは1週間における労働時間には限度がありますdanger

1日⇒10時間まで
(隔日勤務のタクシードライバーは16時間まで)

1週間⇒52時間まで


また、対象期間が3ヶ月を超える場合には、以下の規制が入ります

労働日数の限度 ⇒ 1年当たり280日まで

労働時間が週48時間を超える週 ⇒ 連続3週まで


さらに、連続労働日数の限度が定められております

対象期間における連続労働日数 ⇒ 6日

           特定期間における連続労働日数
             ⇒1週間に1日の休日が確保できる日数(12日

ですので、それに合わせた休日を設定することが必要です

労働の形態が多様化しておりますので、各々の労働に見合った労働時間の設定が為されるのが望ましいですね