フォトアルバム
Powered by Six Apart

チャレンジャー登場 Feed

2013年7月24日 (水)

株式会社フォルテシモ福岡オフィス フィナンシャルプランナー 元木景子さん

 

女性がM字カーブを再び登るとき、様々な問題に直面する現実があります。

 

元木景子さんは三児の母でありM字カーブの底から仕事に再チャレンジした一人、チャレンジャーの資格十分とみました。

Dsc04818 

【順風満帆のOLライフ】

 

元木さんは地元の高校を卒業し福岡女学院短大に進学、天真爛漫なキャラを活かして学祭の実行委員長を務めるなど大活躍、楽しい学生生活を送ります。平成バブルの大波に乗って老舗企業に就職しますが経理の仕事が合わず、働きながらインテリアコーディネーターの専門学校に学び照明メーカーに転職します。営業の仕事は楽しく、会社からも適性を認められ同社初の女性総合職に選抜されるまでになります。

 

 

【子育てに専念した十年間】

 

元木さんは結婚、長男の出産を機に退職、M字カーブを下ります。

 

子育てに専念、二男一女に恵まれ完全母乳で育て上げるなど母として充実した日々を送ります。子どもたちが成長しそれぞれの個性や才能を発揮し始めると夢が広がって行きます。夢の大きさは、喜びと共に教育費の不安として徐々に陰を落とし始めます。そんなとき、生命保険会社主催のマネーセミナーに参加し教育資金の不足を煽る内容に不安に火がつきます。

 

 

 【再び仕事に挑む】

 

パートタイマーとして仕事に復帰した元木さんですが、転機が訪れます。外資系保険会社でトップセールスだった幼馴染が法人代理店を設立するので手伝って欲しいとの誘いです。元々営業に自信があり、子ども達との時間を確保しながらもっと効率よく稼ぎたいと思っていた元木さんには渡りに船の提案でした。しかし、この選択は元木さんを不安を煽る側に立たせることになります。

 

【訪れた転機】

 

元木さんにとって法人代理店で若い外交員の姉貴分として働くことは楽しく、営業も順調だったそうです。保険の知識が深まり、FPの勉強をするに連れ、ニーズを喚起し不安を煽る営業手法に違和感が芽生えます。

 

初めてのマネーセミナーでの感じたザワザワと波立つ気持ちが蘇り、「私のお客様には、こんな気持ちを味あわせない」と決意します。

 

 

フィナンシャルプランナーとして立つ】

 

元木さんは今春、株式会社フォルテシモに移籍、福岡オフィスのFP仲間と共に、お金に関する正しい知識を楽しく学べるセミナーを開催されています。セミナーでは、国の社会保障制度など安全安心の仕組みを先ず説明し本当に必要な商品、サービスを提供するFPとしてお客様に寄り添う姿勢を大切にされているそうです。

 

 

 

M字カーブの底を脱した先輩として知識や経験を広く後から来る方にフィードフォワードしていただきたいと思います。益々のご活躍をお祈りしております。

 

 

 

 

チャレンジャー登場!第12回 学校法人国際学園所属 ハンドサイクリスト 永野明さん

292433_333518860062543_1753017013_n

 

永野明さんは、1975年生まれの37歳、ハンドサイクリストとして北海道・宗谷岬~鹿児島・佐多岬(約3500KM)完走などの豊富な実績があり、2016年にブラジル・リオデジャネイロで行われる「リオデジャネイロパラリンピック」に「ハンドサイクル」(自転車競技)で日本人として初出場を狙っています。永野さんの挑戦の軌跡と今後の展開を取材しました。

 

【トッパ・アスリートとして】

  永野さんは、1歳半のとき脳性麻痺と診断され、下半身にハンディキャップがあります。しかし、そのハンディキャップをものともせず、プロレス団体を主催するなどして積極的にスポーツに取り組んでこられました。現在では、「全ての壁をとっぱらい自分の壁さえも突破する」という信念からトッパ(突破)アスリートを標榜し活動されています。

 【ハンドサイクルとの出会い】

  19歳で上京した永野さんは、29歳のときにハンドサイクルに出会います。24時間テレビで40代の男性がハンドサイクル(手こぎ自転車)に乗って100㎞を走破する姿を目にし、「20代の僕ならもっと出来るはず」と思ったことがきっかけだそうです。思っても行動に移せない人が多いと思いますが、そこが永野さんの異彩を放つところ、ある企画を胸に準備を始めることになります。

【TE-DEマラソン 東京~福岡間1,200㎞に挑戦】

  永野さんはハンドサイクルとの出会いから三年の準備を経て、TE-DE(手で)マラソン2008と称し、東京~福岡間1,200㎞に挑戦し、見事10日間で完走します。素晴らしいと思うのは、挑戦に先立つ2年前、この企画を発表し記者会見までして退路を断ったそうです。決断と継続はビジネス成功の要素とも言われますが、正に両方揃っての快挙でした。

523785_333517933395969_1323955047_n

 

 

 

【訪れた転機、世界に挑戦、パラリンピックを目指す】

 

 永野さんは、2010年に九州一周1000KM完走、2011年に日本縦断3500KM完走と立て続けに結果を出していきます。この間の永野さんは「自分に挑戦する、自分に勝つ」という強い思いが原動力になっていたそうですが、達成感と共に転機を迎えます。

 

 「国内にはもう走るところがない。海外でも走るか?」

 

 永野さんは、気の置けない仲間たちに向かってそう問いかけたそうです。

 

 「今までは自分との戦い、これからは他人と競うことも考えてみたら?」

 

 ある仲間からの助言ですが、永野さんの心の中で点と線が一つになりハンドサイクルレースでの世界挑戦に結びついて行ったそうです。ハンドサイクルは2008年からパラリンピックの種目となったそうですが、ご縁というのは偶然でなくやはり必然なんだと感じます。

 

 リオデジャネイロパラリンピックまで1200日を切りました。大きな夢に向かう永野さんの益々の精進と活躍を期待しております。

 

 

チャレンジャー登場!第11回「一般社団法人障害者自立支援協会 副理事 中尾利彦さん

01

 

中尾利彦さんは、二年間勤めた大手家具量販店を退職し、今年四月より一般社団法人障害者自立支援協会の副理事に就任しました。弱冠24歳ながら強い信念と抜群の行動力で驀進する姿は、チャレンジャーの資格十分と見ました。中尾さんの軌跡と今後の展開を取材しました。

 

FUKUOKARUNNERSを立ち上げる

 

 中尾さんは西南学院大学4年生の時に入部した企業取材サークルFUNでの取材活動をきっかけに福岡の夢や目標に対して挑戦し続けている人を発信する団体FUKUOKARUNNERSを立ち上げます。これまでにNPO法人九州プロレス理事長の筑前りょう太さんや株式会社アニメートエンタープライズの野津浩嗣社長など25名の方へ取材し、その活動は西日本新聞にも取り上げられました。

Nakao01_2

 

中尾さんは、FUKUOKARUNNERS の設立の目的をこう語ります。「一つは、活動を一緒にともにする学生と取材を行う中で、様々な価値観に触れ新しい発見や将来の自分のイメージ探すこと。そしてこれまで夢に向かって走り続けている方の素晴らしい活動を同世代に知ってもらうことです。」

 

 中尾さんは、今後とも、この活動を継続し、一人でも多くの人に「将来につながる何か」を提供していきたいと考えているそうです。

 

障がい者支援事業の立志

 

 中尾さんは、大学の授業で障がい者の子を持つ母親の「私がこの世を去る時に息子も一緒に天国に連れていきたい」というスピーチをきっかけに30歳で起業し収益モデルの確立された会社を作り、35歳で障がい者を雇用できる体制を整え働ける環境を拡大して行きたいという大きな夢を描きます。

 

先輩との出会いで十年早まった起業

 

 中尾さんは、大学卒業後、ビジネスセンスを身につけるため、敢えて一般企業に進路をとりますが、昨年の11月に大きな出会いが待っていました。

 

現在の理事長が、Facebookで障害者自立支援協会の立ち上げについて発信していたのを目にし、メッセージを送り、障がい者の雇用問題だけでなく不安を抱える高齢者の問題解決もできると知り、その場で立ち上げに参画することを決断しました。

 

福岡市との共同で「あんしん電話事業」を展開

 

あんしん電話事業は、独居高齢者や高齢者世帯に安否確認を電話で行い、その様子を家族にメールでお知らせするもので、お客様の話の相手をつとめるのは「障害者自立支援協会」認定のオペレーター(障がい者の方)、つまり高齢者には「暮らしの安心」を、障がい者には「働く喜び」を得ることが可能になる一石二鳥のサービスです。

 

多忙を極める中尾さん、事業が一日も早く軌道に乗りますようエールを送ります。

 

 

 

一般社団法人障害者自立支援協会

 

http://www.shogaisha.org/

 

 

 

FUKUOKARUNNERS

 

http://ameblo.jp/fukuoka-runners/

 

 

 

 

2013年1月 6日 (日)

マナビバ九州本部福岡校 天野貴文さん

Amano402815_435220586516799_1263883福岡市天神でマナビバ九州本部福岡校を運営する株式会社One代表取締役・天野貴文氏の登場です。

天野さんは、受験指導の領域で、KATS(特性診断)を活用し個人特性にあった個別指導で素晴らしい実績を上げています。また、受験生だけでなく、企業などの組織診断も手がけ、個人の特性を活かした組織作りや社員育成法を説いています。若くして起業し教育に賭ける情熱はチャレンジャーの資格十分とみました。

右の写真は、昨年の夏、教え子を引き連れて開催した英国でのサマースクールでの一枚です。

天野さんは、柔和な笑顔、英語に堪能なことなど、新しいリーダー像の素養を身につけています。

これまでの天野さんのストーリーを振り返ってみましょう。

慶応大学へ合格、上京するもダラダラとした2年間

天野さんは、福岡生まれ、小中高+浪人1年間の19歳まで福岡で過ごします。念願の大学に合格し、上京しますが、「何か将来に強い目標もないまま」ダラダラと2年間が経ってしまったそうです。同級生は2年生になるくらいから将来を考え、公認会計士の勉強を始めたり、強い目的を持って行動を開始します。「俺って、このままで大丈夫か?」と低空飛行が続いたそうです。

坂本龍馬×福澤諭吉=教育で起業の立志

 天野さんは、友人の勧めで一冊の本に出会います。青春文学の傑作、司馬遼太郎著「竜馬が行く」です。竜馬の生き様を知り涙が止まらなかったそうです。「僕も彼と同じように志を持って生きたい。彼らが築き上げた日本の良さを落とさないために事を成したい。そのために行動を起こそう」と強く心に決めたそうです。

 その後、その「何か」を考え探す毎日でしたが、答えは慶應義塾の創設者、福澤諭吉の教えの中にありました。「諭吉の唱える「独立自尊」の精神、そして教育者であり、起業家であるという考え方、姿勢に強く共感し、僕の目指す道は、教育にあると強く決意した。」そうです。

KATS(特性診断)との出会い、そして起業へ

 こうして起業への思いは固まったものの、徒手空拳の状態で悩んでいた3年生の終わりころ、ブログで知り合った社長の教育関係ベンチャーにインターンすることになります。そこでKATS(特性診断)に出会います。「人の生まれながらにもつ特性を診断し、その特性に合わせたベストな方法で潜在的可能性を最大限に引き出す。これこそが、僕の志す教育ビジネスだ!」そう思いました。ここでのインターン生活の中で、KATSについて、そして起業し経営するということはどういうことかを、学ぶことになります。経営の師匠である前出の社長からの要請で株式会社エスワイティの設立に参加、役員に列します(現・常務取締役)。

福岡に戻り、株式会社Oneを設立

 1年が経過し、福岡を拠点にやりたいという思いが募った天野さんは、福岡に戻ります。学習塾としてマナビバ九州本部福岡校を開設し、昨年9月に株式会社Oneの設立に漕ぎ着けます。同社は、学習分野だけでなく、就活分野、企業分野の三つの事業領域を持ち、KATSを活用したソリューションの提供を目指しています。

社名Oneの名前の由来は?

 社名の由来は、天野さんの大好きなロックバンド“U2”の一曲“One”からきているそうです。

One life,but we're not the same.
We get to carry each other,carry each other.

とても哲学的な歌詞ですが、こんな感性を持った若者が、学生から直接、起業する時代になりました。天野さんの成功が起爆剤になり、「起業」が学生の進路の選択肢の一つになることを願っています。

株式会社One マナビバ http://www.oneone.jp/

2013年1月 1日 (火)

チャレンジャー登場 第9回 NPOいとしま 代表 馬場純子さん

Dsc04127

NPOいとしま代表の馬場純子さんの登場です。

馬場さんは、福岡・糸島での友活・婚活のいとしまお結びプロジェクトにより地域活性化に邁進されています。TVや新聞、雑誌などで数多く取り上げられ 話題となった九州大学・佐藤剛史先生の授業「婚学セミナー」の企画に携わり、糸島市婚活支援事業のひとつとして糸島初のメガ合コン「糸島コン」を主催されています。社会起業家としてチャレンジャーの資格十分、現代若者気質のお話しは笑いと共に目から鱗が落ちます。

 多忙極めるスーパーバイザーから故郷の町おこしへ

馬場さんは、九州・沖縄に展開する美容室チェーンの店舗開発を担当しスーパーバイザーとして多忙を極めておられたそうです。三年前、お母さんの看病のため退職され生活は一変、故郷糸島の地域に根ざした生活になられたそうです。twitterを始められたことで、地域に100名の友人ができ、オフ会を開催、リアルで会って人となりを感じ、何かをやろう!と、2年前にNPOいとしまを立ち上げられました。ソーシャルメディアネットワークの加速感もすごいのですが、それも馬場さんのスーパーバイザーとして経験があってのこと、マネジメントの経験が大きな夢につながります。

婚活による町興しから、九州大学「婚学」へ展開へ

 糸島も地方都市の例にもれず過疎化が進もうとしています。その原因は未婚率の上昇、結婚しないから子供ができないという悪循環です。馬場さんの目には「自分の時間を優先して、将来や家族のことを考えていなかった」結果として「自分から出会いを求めないまま30代・40代」になってしまった、と映ったそうです。
 そう考えてくると、30代・40代を対象とする婚活は、必要なことではありますが、もっと若い世代に働きかけることの重要性を痛感されます。そんなときに、facebookを通じ、九州大学農学部で助教を務められる佐藤剛史先生との出会があります。佐藤先生は、「大学では教えてくれない大学生にとって大事なこと」をテーマに「弁当力」など食育の授業を展開されていました。馬場さんと佐藤先生のコラボで始まった婚学の授業は、yahoo!ニュースのトップで紹介されるなど評判を呼び、20名の定員に150名が応募する人気講座となりました。社会人にも大人気でパリからも受講希望があり、全国から手弁当でやってくる社会人ゲストも40名を数えるそうです。

草食男子は気弱な男子?それとも『餌まき男子』?

 女子大生にアンケートを採ると草食男子を認めるという回答が7割近くあるそうです。他方、「草食男子は存在してもいいけど、自分の恋人や夫としては考えられない」とする向きもあるようです。馬場さんは、草食男子は、やさしくて言い出せない、言い寄れないのだと思っていましたが、女子大生から「草食男子は餌まき男子、女の子にいい顔をして好意を見せるとかぶりつく計算高い男子」と聴いて驚かれたようです。
 馬場さんは、「近頃の男の子は、外見を気にすることが多く、よく見せる、取り繕うことは上手だが、自己開示能力が低い」と分析します。自己肯定感が弱いため、「ふられること、傷つくこと」を極端におそれるので「ダメ元」ができないのが草食系の正体のようです。

人生哲学の重要さを痛感、「社会人ための」の婚学へ

 馬場さんは、道徳など義務教育レベルの大切さを指摘されます。人生哲学を磨かぬまま専門教育を受けることの危うさ痛感されたそうです。今後は、大学生や20代前半の社会人にフォーカスして「ライフワーク」を考える場所を「社会人ための」婚学を通じて提供されるそうです。この活動のゴールは「婚活」の必要のない社会、日常の人との関わりの中で自然と縁が結ばれること。高い志を持った馬場さんの益々のご活躍をお祈りしております。活動の詳細は下記でご確認を。

NPOいとしま http://www.i-omusubi.com/

「婚学」佐藤剛史先生のオフィシャルブログ
http://agr-eco.jp/blog/?cat=5

2012年9月14日 (金)

チャレンジャー登場 第7回 ドリーミングルーム・ファシリテーター 坂本路子さん

Photo_8

 アメリカの№1起業コンサルタント・マイケル・E・ガーバーのドリーミング・ルームが遂に日本に上陸しました。日本初のドリーミング・ルームは、何と福岡で開催されました。日本初のファシリテーター、坂本路子さんの登場です。正にチャレンジャーの名にふさわしい半生にフォーカスしたいと思います。

Photo_9 起業家の父、その光と影を体感した青春期

坂本さんの父は、ボーリング場や旅館など手広く事業をされる起業家でした。若く事業が軌道に乗らないうちは借金の催促の電話を幼い坂本さんが居留守を使って撃退したこともあったそうです。バブル期には、様々な事業にチャレンジされ隆盛、坂本さんは大学卒業後も家業を手伝い、猛烈な日々を過ごします。二年の年季?が開け約束だった英国ロンドンに留学されます。バブルの絶頂を味わうと同時に、ご苦労もあったと思いますが、留学経験と英語力というスキルと起業家の内幕という掛け替えのない経験を手にされます。

イメージコンサルタントとして活躍も芽生える疑問符

  帰国後、イメージコンサルタントの道を選ばれます。まだ、日本では一般的ではなかったと思いますが、やはりチャレンジャーらしくフロンティア・スピリット全開です。服装だけでなくスピーチや立ち居振る舞い、ビジネス・コーチングに至るまで、冴えないビジネスパーソンを外見から変える仕事に全力投球されます。 

 ところが、坂本さんの手を離れると徐々に輝きを失い元に戻ってしまうのです。「セルフイメージを上げ、内面も変化する」はずでしたが、何かが足りなかったのです。坂本さの中で、疑問符が徐々に大きくなっていきます。このミッシングリンクは何か?新たなるチャレンジが始まります。

 一冊の本との出会い、そこにはすべてが書いてあった

 

 

 ガーバーの著書「はじめの一歩を踏み出だそう」との出会いが坂本さんの運命を変えます。同書には、起業家が失敗する理由がわかりやすく明確に書かれていました。

Photo_10

 同書はアメリカだけでなく世界の起業家のバイブルとして、大ベストセラーですが、何かの陰謀かと思うほど日本では浸透していませんでした。坂本さんが凄いのは、「これだ!」と思ったら行動に移せるところ。ガーバーに会うため、米国・サンディエゴへ旅立ちます。

 

起業家精神養成講座、ドリーミング・ルームを日本へ

 

 

 坂本さんは、日本初の公認ファシリテーターとして、福岡でドリーミング・ルームを主催されています。本講座は、いわゆるHowToではなく、受講生が体験を共有しながら、起業家に必須の役割、ドリーム、ビジョン、パーパス、ミッション(起業家の夢、未来図、その目的、行動基準)4つのパートから起業家マインドを体得するものです。受講者は、3ヶ月12回の講座を通じ、同じ価値観を持った同志となっていきます。

 感即動、素直な心と行動力がチャンスを生む

  坂本さんは優れて感覚の人です。言葉というより全身からあふれる想いが伝わってきます。自分だけでなく皆で一緒にみたい夢をお持ちです。益々のご活躍を期待しています。

(ドリーミングルーム第1期・松田修)

 

2012年9月12日 (水)

チャレンジャー登場 第8回 『美賢女子』コンサルタント 川平麻稀さん

Photo_11
faLeure(ファルーレ)主宰の『美賢女子』コンサルタント、川平麻稀さんの登場です。川平さんは、美賢女子=『経済観念がある、しなやかで可愛らしい女子』の養成を目指しセミナーを展開中です。自らの世代を失われた世代と位置づけ、新しい女性、世代の生き方を提唱する川平さんにお話しを伺いました。

ケースワーカーとして5年勤務、経済の重要性を知る

川平さんは、大学で社会福祉士の資格を取得、卒業後、病院の生活相談員として勤務されます。カウンセリングの他、多種多様なケースワークに携わり経験を積むことになります。病気という問題を抱える方々と向き合う中で、その背景に経済的問題が横たわっていることを痛感されます。フリーランスの道に進まれますが美賢女子の萌芽は、この5年間に芽生えたようです。

独立、立ち往生、そして転機を迎える

 カラーリストとして独立されますが、曖昧なビジネス・ビジョンが災いして立ち往生することになります。

「漠然とした不安、何をどうがんばったらいいのかわからない…」

がんばってもカラ回りな日々、不安と焦り…。輝いている身近な友達がうらやましい…。自分に自信が持てない…。等々、起業間もない誰もが落ちるワナですが、川平さんは、世の中の仕組みやお金のこと、ビジネス基礎力が必要不可欠だと気づき、福岡市内にある経済・財務・投資スクールに学び、知識を身につけることで乗り越えていきます。自らもそのスクールの講師を務めるまでになりますが、そこに3・11が起こります。

ミッション降臨、『美賢女子』養成講座を立ち上げ

 川平さんは、東日本大震災を経て、自分や家族、社会との絆の重要性を再認識し、これからの日本復興に女性の力も必要だと痛感し、「経済ってよくわからない・苦手」といった女子の経済知性のボトムアップを目指した、お茶会感覚の超初心者向け経済講座「けいざい☆ハイハイ講座」を始めます。時を同じくして、同世代や後輩より、今日の日本の低成長・競争激化時代における結婚やライフスタイルの構築について、アドバイスを求められることが急増。現状から1歩踏み出せるような講座づくりに取り組み、『美賢女子養成講座』を福岡市平尾で開講することになります。

失われた世代へ‘パートナーと共に稼ぐマインドづくり’を提起

 川平さんは、自分たちの世代をバブル経済の恩恵を受けずデフレ経済を当然として育った世代=失われた世代と位置づけます。しかし、世間一般にいう暗さは微塵もありません。好景気、右肩上がりを前提とする親世代が夫だけが働く専業主婦モデルとすると、新世代はパートナーと共に稼ぐモデルとします。世帯年収600万としますと、前者では夫500万+妻100万、後者では二人で600万、しかもシェアはそのときの事情で変わるというものです。固定的な責任分担ではなく、しなやかな共生モデルとでもいうのでしょうか。
 

 男女雇用機会均等法が施行されて25年余り、それを当然と思う世代が新しいライフスタイルを提起しています。川平さんの在り方は、新しい世代の台頭を告げていると感じました。『美賢女子』養成講座の詳細はこちらを参照ください。

http://www.faleure.jp/course/

2012年5月28日 (月)

チャレンジャー登場 第6回 餃子専門店黒兵衛 執行泉さん

Photo福岡市南区大楠で餃子専門店黒兵衛を経営されている株式会社いづみカンパニー代表取締役・執行泉さんの登場です。

執行社長は、障害者雇用の先進モデルとして、本年2月、内閣府地域社会雇用創造事業社会起業家ビジネスプランコンペ最優秀賞を受賞されました。

健常者の職場でも、なかなか最低賃金が確保できないことがある中、障害者にも最低賃金以上を支払うことができるビジネスモデルを確立されています。

現在、①餃子の直販、②気になる木の会(右頁参照)、③障害者雇用餃子専門店FCの三本柱でビジネスを展開されています。

<苦いい経験、障害者も働けることを証明したい!>
執行社長は、短大を卒業し、自閉症専門施設で児童相談員の仕事につかれます。障害者雇用を促進する活動で、ある大企業の工場を訪問されたときのこと、担当の部長から「障害者が仕事できるはずなかろうが。だからあんたたちのような施設があるんだろう。」と言い放たれたそうです。

今では考えられない言動ですが、二十数年前の企業では致し方ないことだったかもしれません。ご自身も発達障害アスペルガー症候群の執行社長は、このときの悔しい思いを「いつか障害者も働けることを証明する」決意に変えて心に着火します。
Photo_2

<鶏ガラスープで練る皮と新鮮具材の手作り餃子>
黒兵衛さんの餃子の秘密は、鶏ガラスープで練り込む皮の旨味と挽き立ての鹿児島黒豚、八種類の新鮮野菜です。機械を使わず一つ一つ心を込めて包んでいきます。計量するので一個16グラムは同じですが、手の大きさが違うので形はまちまちになるそうです。このあたりもやさし美味しさにつながるのでしょう。

<受容的交流療法を応用し長所に着目し伸ばす>
児童指導員のころ学ばれた受容的交流療法を、人材育成に応用されているそうです。従業員と接するときは、自分の我を出さず、先ず相手をありのままに受け入れ、長所に着目し伸ばした後に徐々に枝葉をつけていくように工夫されています。長所伸展は健常者、身障者に係わらず人材育成の基本となっています。互いの違いを認識し、支え合うことが重要とのことです。

<作業の細分化で障害者雇用モデルのFC展開>
一連の作業として覚える職人技を、障害者でも分業できるよう細分化、システム化を行い障害者雇用餃子専門店FCの仕組みを立ち上がられました。このビジネスプランが認められ冒頭の内閣府地域社会雇用創造事業社会起業家ビジネスプランコンペ最優秀賞を受賞されました。小資本省スペースの障害者雇用の起点として黒兵衛モデルが各地に広まって行くことでしょう。

<共感を呼ぶ大きな夢がビジネスを加速する>
ビジネスを成功に導くのには、Why(何のために)が重要だと言われます。自分のためだけではなく多くの人の共感を呼ぶ動機は、大きな夢となりビジネスを加速します。また、執行社長は、その夢を語るストーリーとビジネスをシステム化するセンスをお持ちです。
これだけでも十分だと思いますが、笑顔で明るく、数字が足りないとテレアポや飛び込み営業を仕掛けるバイタリティもあり、今後の活躍が期待されます。

末筆ですが、読者の皆様、「気になる木の会」へのご支援もぜひご検討ください。よろしくお願いします。

http://kurobee.com/kininaruki.html

2012年2月 2日 (木)

チャレンジャー登場 第4回 エイムアテイン 喜納弘子さん

Dsc09519

起業された方や新しいビジネスに果敢にチャレンジされる方を紹介するこのコーナー、第4回は「一般社団法人エイムアテイン」代表、夢実現プロデュ-サーの喜納(きな)弘子さんの登場です。
Aim(目標)Attain(達成)の法人名は、喜納代表の真っ向勝負のお人柄が忍ばれます。博多駅前3丁目のオフィスは博多駅博多口から徒歩2分と至便で、セミナーや教育研修で人が集うには最適な立地です。
喜納代表は「自分の経験や能力を社会に活かし、イキイキと生活する大人達。それによって、子供達が夢をもてる社会の実現」を理念に掲げ起業され、人気講師が入れ替わり立ち替わりセミナーを毎日開催するキャンパスを具現化されています。わずか1年でここまでビジネスが加速する秘結を伺いました。

二児の母である喜納代表が職場復帰されるのは、12年前、通信会社の事務員としてでした。そのときの仕事選びの条件は、事務職・通勤便利・残業なしの主婦らしいものでした。当時はインターネットの勃興期で、通信会社も業態転換の真っ最中、会社の苦境に遭遇し、配置転換を積極的に捉え、法人営業の最前線へ乗り出されます。直感タイプの喜納代表、「ピン!」と来るものがあったのだと思いますが、素晴らしく前向きだと思います。
Dsc09511

NTTやUSENなどのガリバー企業を相手に、「嘘をつかない」誠実な姿勢と中小ならではの一人で営業、技術、工程管理の三役をこなす八面六臂の活躍で対等に渡り合い、大手不動産会社の相見積もりに大健闘、営業所所長に就任されるまでになります。
ところが、リーマンショックにより市況が暗転、ビル建設がストップ、営業所の責任者として部下をリストラせざるを得ない苦しい立場を経験されたそうです。このような経験に、コミュニケーションや社員のモチベーションをあげるための心理学の大切さを痛感され、それらの学びを提供する起業の道を選択されます。

研修講師を志されますが、内閣府の「社会起業家支援」コースの支援金(300万円)の事業を知り、これを獲得することを決められます(応募ではなく獲得を、です)。実際、支援金を受けますが、その決定前に、起業され、オフィスも契約されたそうですが、このあたりの決定力はお見事というしかありません。先ず何をやるのか決め、目標達成のイメージを明確にし、自らリスクをとって「この指とまれ」で人の流れを作る。社名の由来そのまま、これが成功要因だと思います。
成功には、気づく⇒決める⇒やる⇒続けるの4つのプロセスが必要ですが、実は「決める」が一番難しい。気づいてやらずが当たり前、何とかやるまで漕ぎ着けても最も重要な「決める」が忘れられているから企業は目的を見失い、結果成功しないのが実情です。
喜納代表は、海外へ雄飛する女性起業家を輩出することを当面の目標とされていますが、その日も近いことでしょう。期待しております。

2012年1月 5日 (木)

チャレンジャー登場第2回「オフィスバリー」中島園子さん

Photo_4起業された方や新しいビジネスに果敢にチャレンジされる方を紹介するこのコーナー、第2回は、  「オフィスバリー」の中島園子さんの登場です。

早速、自己紹介をお願いしましょう。

「皆様、初めまして!オフィスバリー・国際イメージコンサルタントの中島園子です。

現在、私は、教育機関や企業での講義・研修を行う傍ら、クライアントの外見のブランディングのお手伝いさせて頂いております。人の外見的イメージはコミュニケーションの一環です。どんなに優れたキャリアや知性があったとしても、中身と外見、つまり、伝えたいメッセージと動作、服装、話し方などに一貫性がないと相手に伝わりません。イメージコンサルタントは、社会の中で、何かの目的を達成するために、周囲にどのような印象を与えるのかを意識しながら、言葉に頼らないコミュニケーションをサポートする仕事です。」
今では、イメージコンサルタントとしてご活躍の中島さんですが、かつてはオシャレな福岡・天神のOL生活を満喫するべく、雑誌モデル巻き髪を真似、ビジネスの相手のためというよりは、自己満足の外見で仕事をされていた時季もあったとか。

Photo_5

結果、営業成績はまるでダメ。上司に怒られ、お客様にも怒られ、「このままではヤバイ!」と自覚された頃、転機を迎えられます。チャレンジャーの方の優れた特性はピンチをチャンスに変えるところですが、中島さんも正にその通り、南カリフォルニア大学メラビアン教授の「印象の法則」に出会い、新しい道を切り開かれていきます。

この法則によりますと「第一印象の形成データは、①ボディランゲージ(外見)…55%、②パラランゲージ(話し方、声の調子)…38%、③ランゲージ(言葉、内容)…7%。つまり、何を話すかよりも、93%はどのように見えたか、どのように話していたか、非言語的なコミュニケーションを重視している。」のだそうです。
 中島さんは、「ふ~ん、そうなんだ!」と素直に受け入れ、この法則を実践、“オシャレな中島さん”から、“仕事ができそうで信頼できる中島さん”へと変身、低迷していた業績は全社80名中第2位に、年間目標を半年で達成するなど大躍進されたそうです。

Photo_6

自身の変化に加え、仕事でも採用の現場に立ち合う事が多かったため、「人の印象の構成要素」に興味を持たれた中島さんは、アメリカに印象作りの専門家・イメージコンサルタントという仕事があることを知り、ライセンスを取得、米国に本部を置く世界最大のイメージコンサルタントの協会であるAICI に所属、イメージコンサルティング、マナー講師として大学等での就職支援、企業、医療機関等で講座・研修、ビジネスパーソン各人の職種・業界・体型・パーソナルカラー等を考慮したコーディネートや、ビジネスの印象力アップに繋がる話し方等のアドバイスで活躍中です。

成功の3条件は、素直×勉強好き×プラス発想というそうですが、正にドンピシャ当てはまる中島さん、更なる活躍が期待されます。

最後に中島さんから自己アピールをお願いします。
「弁(わきま)えのある外観は、“場を冷静に判断できる”というビジネスマンに不可欠な資質を持っている証です。ビジネスの相手とスムーズに信頼関係を築き、厳しい競争社会でお一人おひとりの実力を効果的にアピールするお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。」

http://ameblo.jp/officevary/